AQM

あ、今日読んだ漫画

ラジエーションハウス 6巻 評論(ネタバレ注意)

院内政治闘争?の伏線と、IVR手術技法のうんちくと実践、あと正体バレちゃった?系のヒキの巻なんであんまりエキサイティングな話にはならないのは次巻への貯金としてしょうがないとして、 もともと医療うんちく漫画だしわかりやすく説明してくれるんですけど「そこまで説明いる?」ってのが「ヒカルの碁」が延々定石の解説しちゃった感じなのと、前の巻までの医療うんちくと違って ちょっとストーリーからうんちくが浮いてる気が。

ヒロインのツンデレ女医さんがどんどんデレて可愛くなっていきますが、表紙の脇役の子にもスポット当たるのかなと思ったら全然関係なくてワロタ。

(2018/07/19 1:48:08のはてなハイクから転記)

 

aqm.hatenablog.jp