AQM

あ、今日読んだ漫画

ニュータイプ 2018年3月号~6月号【FSSネタバレ】第15巻相当

 

他の号はこちらから。

aqm.hatenablog.jp

 

以下、キーワードネタバレ。 

 

 

 

 

 

2018.03 「第6話 時の詩女 act4-7 パルスエット~二話の小鳥」

(ニュータイプ本誌)

GTMマグナパレス(旧設定:ナイト・オブ・ゴールド)が表紙。
8ページに渡って巻頭FSS特集、マグナパレスの設定、諸元など。

 

(扉絵)

なし。

 

(本編)
回想シーン。バランシェ邸の庭で、くつろぐ一団。男の子が可哀想だから名前をつけようと提案する子供たち。見守るオデット。ジークボゥがいい、という幼い少女。

璃里「ありがとう あなたがこの子の名付け親だよ クローソー」回想シーン終わり。

カステポー、フィルモア皇家の広大な隠れ別荘。

ジークを巻き込んでしまったと謝罪するヨーン。逆にフィルモアの諍いに巻き込んで、助けてもらったと感謝し、正体を明かす璃里。強天位騎士の!?とビビるヨーン。

礼代わりに庭でヨーンに剣技を授ける璃里。

超近接剣技"無手"。ジークが先々月に使った技。剣を持てないヨーンに悩んで自分の道を進めと璃里。

"ストラト・ブレード(七音剣)"。デコースを思い出すヨーン。

歴代黒騎士、フィルモア、クバルカン・サヤステ家、剣聖剣技、すべての技を伝える、と璃里。

 

(所感・予想)
全体的に璃里回。璃里がすごく可愛く描かれている。人妻・母親にして圧倒的なヒロイン力。

璃里一家はバランシェ邸で過ごしたことがあり、バランシェ、ソープ、幼少期のアトロポス、ラキシス、クローソーと面識があった模様。ジークボゥの名付け親は幼いクローソー。茄里の名付け親はラキシス?

ヨーンたちに本名を告げる璃里。「アイシャさんと同じヤバさがある」とヨーン。自動的にジークボゥの正体がフィルモアの皇子であることも身バレ。

ノイエ・シルチスの教導騎士団は個人情報の管理がなってない。ナイアス周りからヨーンの情報が漏れたらしい。

クープにからかわれる璃里。かわいい。

バーシャ、桜子、ナイアス、アイシャに続き、年上美女に構われるヨーン。

フィルモア筆頭女王の強天位騎士は、フィルモアやフィルモア出身のサヤステ家はともかく、すべての歴代黒騎士や剣聖剣技までなぜ知ってるんだろうか?

主人公体質のヨーン、美女教育役の英才教育受けすぎ、どんだけ強くなる予定なの。

 

2018.04 「第6話 時の詩女 act4-8 パルスエット~二話の小鳥」

(扉絵)

璃里の六変化。

・デュアンス高校の女子高生時代
 暴れすぎで退学になったらしい。

・聖宮ラーン教導学院高等部の女子高生時代
 今後のエピソードで描かれる。中退したらしい。

・ブラウ女王モード
 筆頭王家女王の正装。人気はあるが発言権は弱まっている。

・サクリファイス、筆頭騎士モード
 ヒートサイの引退に伴い強天位を受け継いだ。

・ジークママモード
 109で買った対・息子用おしゃれ着。

・円卓の騎士モード
 フィルモアの超法規越権機関?6話のクライマックスに登場予定。

 

(本編)

フィルモア帝国アルケイン。年老いた貴婦人に謁見するアラン・リー。皇女はジークを刺したトラウマで苦しんでいる。慰める貴婦人。あれはドルと我らの失態。カモン殿との確執が原因。あの子らが何事もなく健やかに静かに生きることが望み。

部屋で落ち込み続ける茄里。クリスティン・Vも同じように苦しんでるんだろうか。
聞いてみれば?と白昼夢のように突然現れる少女。

隠れ別荘では璃里によるヨーンの特訓が続く。検査の結果、父親の病気はジークに遺伝していない。ジークの父親の死の原因となった、ガーランドですら治療不可能な超帝國の負の遺産である遺伝病、騎士の血の反作用。

亡くした夫について璃里が語る。
以下、璃里の回想シーン、2972年、聖宮ラーン東宮、ラーン教導学院。

問題児として教師に目をつけられる璃里。冷笑し喧嘩を吹っかけ煽る優等生の少年。

2人の喧嘩を止めたのはフンフトだった。

 

(所感・予想)

フィルモアの初登場の貴婦人の言うてることはあんまよーわからん、というかあんま興味も湧かない。何を言っているの?フィルモア王家にそこまで思い入れないので…
「カモン殿」「わが姉」「ルーカ様」「ルーカ様の支えであった方」「あの子ら」ぐらいはそのうち調べる。カモン・マイロード?はコーラス26世だからあんま関係ないよね。

苦しむ茄里の元に"にぎたまの詩女"ナカカラが顕現。かわいい。「二羽の小鳥」とは茄里とクリスの2人のことも指すらしい。この2人がレーダー9世の両翼になる暗示だろうか。

ジークの父親、璃里の夫はジョーカーの科学では治せない遺伝病で早逝したらしい。

回想シーン、璃里の女子高生時代。暴力不良少女と嫌味なインテリ少年のボーイ・ミーツ・ガールからのラブコメ開始。

 

2018.05 「第6話 時の詩女 act4-9 パルスエット~二話の小鳥」

(扉絵)

新設定←旧設定 の固有名詞の変更対応表。これは便利。

「シュペルター」は「デムザンバラ」になったと思ったら、この表では「現在別名称GTM(本当の名称を知るのはアウクソーのみ)」となっている。

破烈の人形も後にミラージュに接収される?ことがあらためて示唆される。

フォクスライヒバイテの前身名は「ハカランダ・ミラージュ」と言うらしい。そんなんいましたっけ…?

他、がんばれエストちゃん4コマ、いや3コマ漫画。

他、前号のお詫び。ジェイン・ボルガのセリフがデザインズ4と不一致しており、デザインズ4の家系図が間違ってたとのこと。ややこしい話が余計ややこしく…ジェインの指す「姉」はポーラ・ボルガとのこと。どれ、デザインズ4を引っ張り出すかい…

 

(本編)

引き続き璃里の回想。
二人を叱りつけるフンフト。仲直りする2人。嫌味なインテリ男子学生はノルガン・ショーカム。大学部法学科の学生。実家を捨て法律家を目指している。

話の途中で荷物を落とすショーカム。たまに腕の感覚がなくなる。

遠くから2人を見つめるフンフト。声をかける男。カモン・ピアノ・メロディ。別名、剣聖ハリコン。控えるユリケンヌ、懐園剣を捧げ持っている。

ハリコンとフンフトの子はフォルテシモとシングと名付けられる。予定通りフンフトは不祥事で解任、ムグミカに引き継ぎ、子らを"エンドレス"の元に…

2年後、2974年。
フンフトの出産が判明、送還のニュース。璃里もショーカムの子を産んでいた。フンフトからの手紙。もうラーンでは守れないから子供を連れて"ここ"に行け、と。

2人が向かった先はアドラーのバランシェ邸だった。

 

(所感・予想)

しばらくショーカムと璃里のラブコメかと思ったら仲直り早っ!フィルモア筆頭王家の璃里の実家に負けず劣らず、ショーカムの実家も大変な家らしい。意気投合する2人。

カモンは剣聖ハリコンでした。どっから出てきたのw モナーク・セイクレッド?だったっけ?帰りで健在、時空を超えた影響で若いまま。コーラス王家の記録も改竄済みらしい。

フンフトの不義密通の相手、レーダー王家の確執の相手、超帝國剣聖ララファの生まれ変わり、懐園剣とタイ・フォンとユリケンヌとGTM"アハメス"の主、アルルと桜子の父親?属性てんこ盛り。

「かの国」はコーラスかフィルモア、「東の国」はAKD?「あの方」は天照?

セントリー(旧設定:ドラゴン)の力が一時的に弱まって、詩女を触媒に悪魔が顕現するリスクがあり、それと戦うのは超帝國剣聖の務めである、と。
スタント遊星での天照と悪魔の決戦を前に、この頃にハリコンとフンフトが「あの地」で悪魔を封印していたということでしょうか。引き換えにメロディ王家は取り潰され、フンフトは詩女の身分を失う。

わからん!全然わからん!

そして2年、ショーカムと璃里の間に子が生まれました。早っ!こいつら展開早っ!

 

2018.06 「第6話 時の詩女 act4-10 パルスエット~二話の小鳥」

(扉絵)

沈黙の詩女 ナトリウム・フンフト。設定画と解説。

 

(本編)
彼らの長期滞在をバランシェ公は許した。世話役はオデット。邸内には育成中の幼いアトロポス、ラキシス、クローソー。

ショーカムの病気についてバランシェに尋ねる璃里。AD世紀の人体改造の負の遺産。不治。フィルモア本国からの干渉はフェイツ公国バランス家として全て遮断する。

バランシェから璃里への頼みごと。実家預かりのオデットをもらってくれ。バランシェは璃里の願いを聞き、オデットに璃里・ジーク・お腹の子(茄里)の3人に同時に仕えるプログラムを仕込む。

体が動かなくなったショーカムは正体を璃里に告げる。璃里の正体も知っていた。自分の母はレーダー、父はバルバロッサ。自分はフィルモア帝国唯一の皇太子。ジークボゥと茄里は三大王家の血を束ねた血統「三色の皇子」となってしまった。2人は皇太后・慧茄、幼いダイ・グを密勅で呼び出し、2人の子の保護を依頼する。回想終わり。

クープは璃里に秘密を打ち明ける。ショーカムと同じ病をある人物が患っている。

ハスハのフィルモア駐屯地。チャンダナの表情が厳しい…

 

(所感・予想)
ああ、こないだの訂正はこれだったんですね、「あの子ら」はジークと茄里。「我が姉の生んだ均衡の乱れ」はショーカムその人。ついでに「カモン殿と我らの確執」は、ハリコン、フンフト絡みでレーダー王家がコーラスに恨みを持っていて、その結果ラルゴが暴走したと。

オデットのマスターがふわふわ不明だった謎も解明。クローター・ダンチヒがこっそり引退してて経緯が非公開だったのね。あとバランシェが親子3人に同時に仕えるよう設定してました。ぶっちゃけ、不便そう…しかも二重人格てアンタ…

ショーカムの正体+璃里の正体でサイレンの血が還ってきました。ジークにサイレンが憑依?してるのもこれが原因?

「円卓の騎士」は非常時に半民主制を切り捨てて完全専制君主制に移行するための「皇位1位を中心としたクーデター合法化」システムのようです。

そしてダイ・グに避けられない死亡フラグ。死因はショーカムと同じく、病死になるよう。6話のクライマックスに円卓の騎士が活躍するということは、その前後で死ぬのだろう。わかってたとは言え、アイツいい奴なのに…クリスも可哀想な…