AQM

あ、今日読んだ漫画

#異世界おじさん 1巻 評論(ネタバレ注意)

作者の名前が「殆ど死んでいる」なんですけど大丈夫でしょうか。いかにもラノベやWEB小説のコミカライズっぽいタイトルですけど、Twitter漫画の商業化、オリジナルだそう。

17歳の時にトラックにはねられて昏睡状態だった叔父が17年ぶり目覚め「17年間、異世界に行ってた」と自称、半信半疑の主人公(甥)の目の前で魔法を使って見せた。主人公は「叔父さんの力を金にかえて食っていこう」と心に決め、2人はとりあえず魔法使いYouTuberとして収入を得る。

ポツポツと異世界時代の思い出話を記憶映像化魔法を交えながら語る叔父。異世界の思い出の中の叔父は、現代科学の知識で無双しようとするも宗教的なアレ的にアウトで魔女狩り処刑されかけ、さらに美少女たちとフラグ立てまくるも概念が普及する前に異世界に転移したせいでツンデレをただの嫌がらせだと思ってフラグをベッキベキにへし折りまくりだった。

異世界行っても、魔法やアイテム入手持ったまま現世に帰ってきても、すれ違いで生々しく上手くいかない人生。思い出の中のエルフ騎士が無駄に可愛い。

ネタの半分は異世界全然関係ない、かつての熱狂的セガ信者のただの愚痴なのもポイント高い。