AQM

あ、今日読んだ漫画

#望まぬ不死の冒険者 1~2巻 評論(ネタバレ注意)

新刊の2巻が売れててAmazonのレビューでも好評なので。

「なろう」発のコミカライズ。重厚でかっこいい絵とエロ可愛い女の子を描く漫画家さんをつかまえた。

10年のベテラン、人望は厚くギルドの評価も高いものの、強さ的にはうだつの上がらないベテラン冒険者・レント、いつものダンジョンの見知らぬ通路を発見、潜った先で巨大なドラゴンに遭遇、一飲みにされご臨終。かと思いきや、目を覚ますと一体の骨人(スケルトン)になっていた。

人間社会への未練を捨てきれない主人公は、魔力吸収しやすい魔物の体と、魔物の未解明の特性「存在進化」の能力を活かし、より上位の魔物へのクラスチェンジでいつか人間に戻れることを目標に、魔物の姿で魔物狩りを始める。

人間時代より容易に強化される体、上位個体への順調な進化、美少女剣士の危機への遭遇、人間時代からの馴染みの学者美女。

話としては重厚な世界観とかは二の次、主人公の一人称視点で、割と成り行きで展開。今のところ、そこまで面白いストーリー!ってわけでもなく行き当たりばったりな話にも見えますが、グイグイ読ませます。

DQⅢだとまだアリアハン出たかなぐらいの序盤なんで、今後に期待。えらそー。