AQM

あ、今日読んだ漫画

#ワールドトリガー 19巻 評論(ネタバレ注意)

全部で9話収録、巻の前半は休載前、後半は復帰後の掲載分。掲載に間が空いてるけど絵が荒れることもなく違和感なく続いて何より。

玉狛支部古参のゆりはオペレーター、ミカエルはエンジニア。
玉狛支部の過去話。昔はここが本部だったのね。古い集合写真、破顔するいい笑顔の城戸司令。5年前に10人死亡した戦い。城戸の変容。
この作品の戦闘って緊急脱出があってほとんど死ぬリスクがないのが特徴ですけど、当時は緊急脱出なかったのかしらん。

お好み焼き屋に隊員が集まってワイワイガヤガヤやってるいいシーン。本誌掲載時に気づかなかったんですけど、「お好み焼き かげうら」って。お前の実家かよ!遊真のコミュ力すごいですけど、メガネ、チカ、ヒュースとコミュ障気味の3人も連れてったげてー!

で、ランク戦の第7戦開始。
この巻のワクテカ要素はヒュースのデビュー、ヒュースを加えたチームがどんだけ強いかなんですが、インターミッションと鈴鳴の見事な作戦がハマった序盤戦の間にページがなくなって以下次号!になりました。

ヒュースの出番ほとんどなかったですけど、最後のコマの遊真とヒュースのコンビの頼もしさったらないので、次巻が楽しみ、チョー楽しみ。

 

aqm.hatenablog.jp

以下備忘用のキーワードネタバレメモ。未読の方は避けてちょんまげ。 

 

玉狛支部の古参の2人、林藤ゆり、ミカエル・クローニン、ヒュースのトリガーセット構成、エスクード、「城戸」の名札、古い集合写真、旧ボーダー、ボーダー組織の過去、レーダーサーチ訓練、お好み焼き、景浦と空閑、「こいつ次の試合わざと負ける気だぞ」、「チカ子は人撃てるだろ」、トリガーの消費容量、B級ランク戦第7戦、修の不安、「揺れるな」、解説・犬飼と嵐山、ヒュースデビュー、市街地D、ショッピングモール、狙撃手殺しMAP、「ワイヤー陣は狙わない」、鈴鳴第一の狙い、オペレーターへの嫌がらせ、鈴鳴第一の新戦法、北添の火力、二枚抜き、「スイッチョフ」、「黒い弧月」、「スイッチョン」、「点を獲りに行くぞ」