AQM

あ、今日読んだ漫画

#ガラスの仮面 49巻 「めぐりあう魂」 評論(ネタバレ注意)

現時点の既刊の最新刊、2012年に発刊。

「紅天女」試演の舞台、汐留の再開発地区の廃墟「シアターX」で記者会見に臨む、マヤと亜弓さん。見えない目でシアターXの距離感を掴もうとする亜弓さん、黒沼組の一日だけの舞台稽古。

一方、速水真澄の婚約者・詩織は、看護婦さんを刺したり、マヤの顔写真と紫のバラを燃やすついでに自宅の屋敷に放火したり、もうメチャクチャ。詩織と別れてマヤと結ばれる決意した速水、早くも心がボッキリ折れる。再びマヤを冷たく突き放すも、速水の忠実な影・聖がブチ切れ。

「ぼくが紫のバラのひとだと名乗ればマヤさんはぼくを愛するでしょう」
「なん…だと…!?」

おっ、ブリーチ。(違う

気持ちが通じあったはずの速水に突き放されたマヤ、再び月影先生に恋愛相談。
聖の執り成しで、ついに紫のバラのひと・速水真澄が待つ、伊豆の別荘へ…

 

ってとこで、ハイ。現時点での既刊は以上です。
発刊リアルタイム組の先輩ファンの皆さんは、ここでもう6年待たされてるわけですね。心中お察しいたします。

皆さん同じ気持ちだと思います。数十年、約50冊に渡って待たされてるので、いい加減マヤと速水が結ばれるところが見たい!

具体的に言うとセッ

 

aqm.hatenablog.jp