AQM

あ、今日読んだ漫画

#ト或ル夫婦ノ日乗 1巻 評論(ネタバレ注意)

きぬさんは文筆家・遥のもとにお嫁に来た。大正時代を舞台にした新婚ラブコメ4コマ。野崎くんパターンで1ページ4コマの幅広コマ。

可愛い表紙ですけど中身はもうちょっとロリぃ感じ。

なんで大正なんでしょうね。
結婚してから恋が始まる話に家と家の結婚だった時代がちょうどよかったのか、現代から見てちょっと古風に浮世離れした可愛らしい夫婦2人を描きたかったのか。

たぶん、黒髪和服の美少女幼な妻が描きたかっただけのような気がします。いい言葉ですね、幼な妻。

言うほど大正浪漫って感じでもないんですけど、銀座の百貨店で流行のモガの洋装のシーンも。

「トニカクカワイイ」と同じく恋愛期間を経ずの新婚で、セックスするでもなくただただイチャイチャしてはります。良いですナ。
こういう漫画ばっかり読んでると、夫婦仲の円満の秘訣はあえてセックスしないで初々しさを保つことかもしれん、などとトンチキな結婚観に目覚めそうね。

ギャグのキレで勝負ってよりは、静かでユルくてウブで可愛いほっこり萌え系日常ラブコメなので、お間違えのないように。

ヒロインの名前は「きぬ」さんなんですけど、Amazonの紹介文で 

f:id:AQM:20190301174235p:plain

「いぬ」さんになっててワロタ。ワンワン。

 

aqm.hatenablog.jp

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp