AQM

あ、今日読んだ漫画

#呪術廻戦 4巻 評論(ネタバレ注意)

「今はただ 君に感謝を」

「必要ありません
 それはもう大勢の方に頂きました
 悔いはない」

いいシーンだ。

特級呪物「両面宿儺」を身に宿す主人公・虎杖悠仁、呪術高専に入学、死んだり生き返ったりなんだかんだあって、脱サラ呪術師の七海とコンビ組んで呪霊退治。敵方の特級呪霊は引き籠りの少年をスカウト、虎杖と友人になるも敵対する流れに。

前半は前巻から引き続きのバトル展開。
わかりにくい展開だけど、わかりにくいオマケ漫画「vs真人 解説」でわかった。お触り禁止なのね。

忘れてたけどそういえばこの主人公、死んだことになったままだった。ということで仲間と久しぶりの合流。
で後半は京都校との対抗戦。

「京都校二年 究極(アルティメット)メカ丸」 なんなんだよこの漫画はw

相変わらずノリ良く、口は悪く、個性派揃いというか人格破綻寸前揃いで、ぞんざいで投げやりな会話の応酬が小気味よく読んでて楽しい。ヒロインも相変わらずほとんどヒロインとして機能してなくて可愛い。

しばらくは京都校との対抗戦かな。主人公の相手はドルオタのウボォーギン。仲良くなりそうじゃん、強化系同士。

「とを」「れね」「ろうら」、自分は読めたよ。だいじょうぶい!

 

aqm.hatenablog.jp