AQM

あ、今日読んだ漫画

#古見さんは、コミュ症です。 12巻 評論(ネタバレ注意)

「チッ…!」

「!?」

「チガウから…これは…その、えっと…あの…家が火事で…」

「!?」

「服とかも…全部燃えちゃって。」

「!?」

清楚でクールな美貌を持ちながら重度の人見知りで他人とマトモに会話できず基本ジェスチャーと筆談の声優要らない系ヒロイン・古見さんと、平凡ながら温厚で優しい性格とぶっちゃけ隣の席だっただけの只野くんのコミュ症ラブコメ。

ヒロインの人見知りがそれほど知れ渡っていないため、寡黙さと美貌が原因で周囲にいろいろ勘違いされるエンジェル伝説系。

初登場?クール美人な副担任の先生が別の意味でコミュ症で古見さんと噛み合わない可愛い。テスト期間、2回目の夏休み突入。みんなで海など。
話によってムードメーカーの"なじみ"の在・不在のコントラストがすごい効いてんね。

母の友人の小学二年生の娘・澪を1週間預かることになった古見さん一家。コミュ症な古見さんは超クーデレな澪と仲良くできるのか。2人とも可愛らしくて微笑ましい。

ここでも"なじみ"が大暴れ。どんな展開になっても「なじみ出しときゃ勝てる」という便利なキャラw

全体的に微笑ましくて優しい世界。良いですよコレ。

「火事は嘘です。ごめんなさい。」
「!?」

 

aqm.hatenablog.jp