AQM

あ、今日読んだ漫画

#ワールドトリガー 178話 (ジャンプSQ. 2019年5月号) 評論 (ネタバレ注意)

ワートリ掲載中。

 

B級ランク戦第7戦が終了してインターミッション回。

 

通算ポイントは

1位 二宮隊 37p+α?
2位 影浦隊 36p
3位 玉狛第二 36p
4位 生駒隊 30p+α?
5位 東隊 29p
6位 王子隊 28p+α?

 

次戦は

1位 二宮隊 37p+α?
3位 玉狛第二 36p
4位 生駒隊 30p+α?
7位 弓場隊 ??p

 

前回まではこちらから。

aqm.hatenablog.jp

「第178話 二宮隊」。
扉絵なし、本編23ページ、解説・特集記事1ページ。

以下、ネタバレ情報を含んで論評しますの閲覧ご注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

(扉絵)

なし

 

(第178話 本編)

次戦での対戦を控えた二宮隊と焼肉屋で遭遇した、修・千佳・宇佐美・小南の一行。隣のテーブルに。女性が苦手な二宮隊・辻をいじって遊ぶ小南と宇佐美。テキパキとドリンクを頼む二宮。女子3人と食事に来てる修に感心しきりの辻。修の母が美人で圧が強いせいらしい?

二宮隊B級降格の原因になった鳩原の話題。

玉狛第二のメンバーの話題。千佳の火力、遊真とヒュースの二枚看板、あんまり警戒されてない修。

ヒュースの正体の噂の話題。ヒュースの能力温存に気づいてるゲな犬飼。

食事を終えた二宮隊に声をかける修。「遠征隊に選ばれたら」の約束、憶えてますか?二宮の応えは。

支部に戻って遊真、ヒュース、陽太郎を交えて二宮隊との会話の反省会。千佳・ヒュース・宇佐美・陽太郎で二宮隊の射撃戦の分析を、修と遊真は射撃戦以外のパターンの考案を。

ヒュースが千佳に問う。本当は人を撃てるんじゃないか?

煽りコピー、

「その心の奥底は…!?」(ジャンプSQ. 2019年05月号より)

 

(所感)

2話掲載はやめたのか、178話の23ページのみでした。移籍初期のボーナス期間だったのかしらん。単行本の話数調整と胆嚢摘出で今号・次号は1話のみ、なんだそうです。どうかお大事に・・・

会話シーンだけの地味な回なはずなんだけど、いるだけで面白い二宮が更に焼肉屋にいるという、絵面だけで面白展開。

辻くんいいキャラすぎ。女子にいじられる辻をガードしてあげるジト目の氷見。この2人なんかイチャイチャしてるぅ…

意外とタブー感もなく普通に鳩原の話をする二宮隊。鳩原が「渡航」した理由。
あと犬飼がよー喋る。口が軽く無防備に喋ってるように見せかけて相手の口も軽くしようとする性格。二宮に注目が集まりがちだけど、二宮隊メンバーの個性がちょっと垣間見えた感じ。そして肉を食え千佳。

能力温存が見抜かれても泰然としてるヒュースと遊真。
そうね、千佳とヒュースのトリオン量トップ2コンビの重戦車戦術は確かにちょっと面白そう。

やっぱり全体的に会話回だったんですけど、一番セリフが少なかった二宮と千佳が面白かった。

次回も引き続きインターミッションっぽい雰囲気。次回あたりは生駒隊のミーティング漫才に期待。弓場隊のメンツがどんなんかも見てみたいね。2丁拳銃なんだっけ?