AQM

あ、今日読んだ漫画

#異世界おじさん 2巻 評論(ネタバレ注意)

17歳の時にトラックにはねられて昏睡状態だった叔父が17年ぶり目覚め「17年間、異世界に行ってた」と自称、半信半疑の主人公(甥)の目の前で魔法を使って見せた。主人公は「叔父さんの力を金にかえて食っていこう」と心に決め、2人はとりあえず魔法使いYouTuberとして収入を得る。

回想シーン(魔法映像再生)の中の叔父さんは、オークと勘違いされるルックスながら異世界で度々世界を救うレベルの活躍をし、美少女たちと恋愛フラグを立てまくるも、概念が普及する前に異世界に転移したせいでツンデレをただの嫌がらせだと思ってフラグをベッキベキにへし折りまくりだった。

あと本筋と関係ないけど叔父さんは熱狂的なSEGA信者だった。

異世界もののお約束をひっくり返してギャグにする、ちょっとハイコンテクストな「逆・転生もの」とでも呼ぶべきギャグコメディ。
ツンデレ美少女エルフさんのテンプレながら可憐な描写の無駄遣いがすごく効いてて、変化球のワンパターンながら無敵のワンパターンという感じ。わかってても笑ってしまうw

回想シーンの中の叔父さんが20歳(これまでは10代だった)という衝撃の事実。顔一緒やん。34歳までだいぶ長いぞw

 

aqm.hatenablog.jp