AQM

あ、今日読んだ漫画

#アラタプライマル 1巻 評論(ネタバレ注意)

2027年、日本。太陽フレアの影響で予測どおり全世界同時停電が発生。予測され備えはあったものの多くの被害を出しながら、全世界が停電したまま3ヶ月が過ぎた。

近辺の電子機器を狂わせる天然電磁パルス体質の高校生・新太は、体質ゆえにコミュ障ぼっちだが、体質ゆえの山中暮らしでサバイバル技術を身につけていたおかげで、停電前より活き活き暮らしていた。

避難所に降りてきていた新太は、避難所周辺の区画ごと紀元前数千年の密林にタイムスリップ。新太たちの原始密林でのサバイバルが幕を開けた…

誰が描いても序盤は必ず面白く、後半グダりがちなサバイバルSF。厳密にはポストアポカリプスではないと思うんですけど、便宜上タグを。

全世界停電だけでも十分漫画になると思うんですけど、そこから更に街の区画ごとタイムスリップ!という豪勢さ。全世界停電にしろタイムスリップにしろミステリー仕立てで伏線張ってるっぽいので、終盤グダらないんじゃないかなー?

コミュ障描写が生々しいのと、人間を襲う太古の各種巨大昆虫がグロいので、その辺苦手な人は読まないほうが良さげ。

すごいヤンマガ顔というか講談社顔なんですけど、最近何かと話題のジャンプ+なのね。

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp