AQM

あ、今日読んだ漫画

#ぼくたちは勉強ができない 12巻 評論(ネタバレ注意)

同級生ヒロイン3人+先輩ヒロイン1人+先生ヒロイン1人、受験勉強がテーマ、過去の蓄積に立脚した週刊少年ジャンプの最新鋭の看板ラブコメ。

今巻もいつものドタバタラブコメではあるものの、ラッキースケベ抑えめ。表紙のまふゆ先生に関わる連続エピソード「黄昏に氷の華は[x]と舞う」を収録。

VIP推薦を断り教職を目指すことを決意した唯我。教師として出演したTV番組をきっかけにフィギュアスケートの現役時代に再び脚光があたり、カムバックを期待されるまふゆ先生。まふゆ先生の恩師だったっぽい、唯我の亡き父親。

ずっと複数ヒロインによる賑やかな表紙だったこの作品が、前巻から5人のヒロインの1人1人にクローズアップした表紙に切り替わって、15巻でヒロイン一巡することに。16巻で集合絵で完結かな。

作品としては楽しいラブコメであろうと努めていて、現に楽しいラブコメで回してるんですけど、読んでるこっちがどうしても終わりに向けた畳み方の道筋や「唯我のいない未来に伏線張ってるのかな」みたいな本命ヒロインを勘ぐるような読み方を勝手にしてしまいますね。

そうそうお目にかかれない作品で、いま楽しまなきゃ損なのはわかってんですけど。

 

aqm.hatenablog.jp