AQM

あ、今日読んだ漫画

#とらドラ! 9巻 評論(ネタバレ注意)

「ああ そうか
 『縋ってない』『面倒を見させてあげてるだけ』
 『今だけ』『これぐらいいいよね』『今だけだもん』
 そうやって私は まるで夢のように 竜児に縋って生きてきたんだ
 それが今夜で終わり。それが」

「いや なんだ」

まだ、やってます。

ラノベブーム初期の名作・映像化の成功事例として語られるラノベのコミカライズ。

自分、最初にこの作品に出会ったのがコミカライズの1巻だったこともあって、原作もアニメも観てないんですよね。今だったらSVODでたぶんアニメ全話観れちゃうんですけど。

コミカライズの1巻は2008年、もう11年も前。

今巻はクリスマスから年が明けて修学旅行前まで。

「なんでこんなに続きが出るの遅いんだろう」とか「1つの作品のコミカライズに1人の漫画家をこんなに長期に拘束するのどうなの」とか思ってた時期もあったんですけど、ぶっちゃけ事情とか全然知らねんですけど、途中で行方不明になるコミカライズも多い中、年1冊以下のペースでも待ってさえいればコツコツ着実に続きを描いてくれて、今はもう応援しかしてねッス。

何年かかっても最後までお付き合いしますし待ってますから、心置きなく描いて欲しいと思います。