AQM

あ、今日読んだ漫画

#アクタージュ act-age 7巻 評論(ネタバレ注意)

「けれど公演はまだ30日近くある
 日に日に芝居の精度は研ぎ澄まされてゆくでしょう」

「あなたはその度に死を体験する
 まるで自らに刷り込むように何度も何度も」

「朝起きた時まず目に入る家族を
 昔の写真のように懐かしく感じたら気をつけなさい」

「あなたがあなたでなくなる前兆よ」

天才女優の卵・「夜凪 景」のサクセスストーリー、映画版のガラスの仮面。

4巻以来の蜷川幸雄と藤原竜也をモチーフにしたような舞台演劇編のエピローグと、新展開。

話題の舞台での好演と、胡散臭いギョーカイ仕掛け人の暗躍で一躍「時の人」になった景。

女優としての景の身を預かる映画監督・黒山の指示は一切の仕事をシャットアウトして「学校で普通の友達を作ること」だった。「普通」がわからず役者以外の友人の作り方も知らない景。黒山の意図とは。

「やめなさいシンジくん!人に戻れなくなる!」がシャレにならなく。

今巻は「高校生活、友達できるかな?」編。作品全体の中では趣向が変わった異色のエピソードなんでしょうけど、コメディも交えつつ「混沌と混乱と狂熱が俺と一緒に行く*1」ような青春もの。同級生の脇役3人がすごくイイ。

「だってフツーっていっぱいあるんでしょ?」

 

アクタージュ act-age 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

アクタージュ act-age 7 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

aqm.hatenablog.jp