AQM

あ、今日読んだ漫画

#前田慶次 かぶき旅 1巻 評論(ネタバレ注意)

戦国時代の武士・前田(慶次)利益をモチーフにした隆慶一郎の時代小説「一夢庵風流記 」を「北斗の拳」の原哲夫がコミカライズ、という週刊少年ジャンプの中で異色ながら人気を博した「花の慶次」の、例によってゼノンの非公式の続編というかスピンオフというか。

作画は原哲夫ではなく、また権利の関係か「花の慶次」の正統続編ではなくあくまで前田利益をモチーフにしたオリジナルです、という建て付けのせいなのか、捨丸やリサといった「花の慶次」オリジナルの重要人物がいなかったことになってるので注意。捨丸って原作にいたっけ?

その割りに「原作 原哲夫・堀江信彦」ってクレジット入ってたり、隆慶一郎はクレジットしないのねとか、なんだか中途半端だね。

前作終盤で関ヶ原の戦いが終結、転封となった上杉家に付き従って出家して京を離れて完結でしたけど、今作は「関ヶ原後から出家するまでの間にこんな感じだった」というテイで諸国を漫遊するオリジナル話っぽい。

今巻は肥後、加藤清正編。相変わらず陽キャ北斗の拳といった感じ。

あんま難しく考えずに、人気キャラ・前田慶次の勧善懲悪ロードムービー時代劇だと思って楽しむべきなのかな。前作好きならアリで。

 

前田慶次 かぶき旅 1巻

前田慶次 かぶき旅 1巻

  • 作者: 原哲夫・堀江信彦,出口真人
  • 出版社/メーカー: ノース・スターズ・ピクチャーズ
  • 発売日: 2019/07/20
  • メディア: Kindle版
  • この商品を含むブログを見る