AQM

あ、今日読んだ漫画

#しょうもない僕らの恋愛論 1巻 評論(ネタバレ注意)

独身アラフォーの装丁デザイナー・筒見のスマホにFacebookの友達リクエストが。送り主は芸大時代のバンド仲間で恋仲になった後に音信が途切れた谷村安奈。

突然の音信に逡巡した翌日、かつてのバンド仲間から安奈の訃報の知らせ。葬儀の式場に駆けつけた筒見の前に現れたのは、安奈に瓜二つの女子高生、娘のくるみだった。

くるみは「母が大好きだった人のことを知りたい」と、筒見につきまとうようになる。

この人の漫画を読むの随分久しぶりだな。

青春・恋愛漫画の大家でネガティブな感情の描写に長じてる反面、恋愛禅問答が長めで、たまにとんでもない地雷を埋めてくる、読者が嫌がる展開が持ち味の尖った?作風という印象。

影と哀愁を背負ったイケメン中年にかつて愛した女そっくりの若くて可愛い娘さんがグイグイ迫ってくる、というハードボイルドものでは珍しくない展開。正直、女子高生が都合良すぎることで成立してる恋愛ものなんで、そこに目をつぶることができれば、という感じ。描く方も読む方も歳もとって少し疲れたしな。

どしたオラァ!もっとこっちが嫌がるウザい恋愛話とネガティブ展開でかかってこんかい!って感じだけど、まあまだ1巻じゃわからんね。

 

しょうもない僕らの恋愛論(1) (ビッグコミックス)

しょうもない僕らの恋愛論(1) (ビッグコミックス)