AQM

あ、今日読んだ漫画

#ガールズ&パンツァー リボンの武者 12巻 評論(ネタバレ注意)

「その娘はとても普通だった
 赫々たる戦果を これまでの受難を
 手にした栄光を いささかも感じさせない
 どこにでもいる女の子のように見えた」

「私たちは知っている
 生ける伝説が目の前にいることを」

「西住…みほ
 『大洗の奇跡』『軍神』『最強のボコファン』の異名を持つ…」

ケレン味、全開放。

本編未登場の信州・楯無高校のサムライ女子高生、大洗の全国優勝で血が滾った鶴姫しずかが伝統の赤備えの九七式軽装甲車で、戦車道連盟非公認・重量10トン以下の軽戦車・豆戦車の戦車道競技「強襲戦車競技(タンカスロン)」で強豪校に殴り込み。

本編の強豪校のあんな人やこんな人も次々参戦したバトルロイヤル「大鍋」も終結。打ち上げで西住みほに対面したしずかとヤイカは、彼女に挑戦状を叩きつける。

連合vs大洗の公式戦車道戦の指揮権・西住みほへの挑戦権を賭けて、「使われなかった古戦場」名寄で、強襲戦車競技の雄・しずかとヤイカが火花を散らす。

ラストバトルに向けて、これまでチラ見せだった西住みほを前面に。みほに対するしずかの憧れ、執着、狂気。

「西住みほ…あのかたに我が首を獲っていただきたい」

「私はそこで…人生が終わればいいと思っている」

 

 

aqm.hatenablog.jp