AQM

あ、今日読んだ漫画

#罠ガール 4巻 評論(ネタバレ注意)

「生き物をが食べ物に変わる瞬間って
 どこなんだろうと思っただけ」

「自分で獲ってトドメを刺して解体して
 生き物を食べてるっていう自覚があるからこそ
 生き物=食べ物で見られるのかもね」

農家の子女の女子高生たちが「わな猟免許」を取得して田畑を荒らす害獣駆除に情熱を燃やす、女子高生×罠狩猟。

レッサー「山賊ダイアリー」の量産型JK漫画なのかしらん、と読み始めたら「山賊」が銃と罠を駆使したハントとグルメが中心で少し敷居と娯楽性が高いのに対して、「ガール」はより身近な罠に特化してより農家の自衛・鳥獣害対策目線でよく取材して語られ、思いのほか硬派な内容。新刊が出る度に大日本猟友会のHPに載る。

www.moriniikou.jp

今巻は1冊かけて箱罠を使った、田畑を荒らすイノシシ捕獲。読者に罠狩猟免許を取らせる気か!?というほどがっつり詳細に。ハウツーに留まらず、姿の見えないイノシシとの頭脳戦、獲物を追い詰める駆け引きをスリリングに。

肉食の生命倫理にも触れて考えさせる内容で、爺さんおっさんのベテラン揃いの狩猟の世界での「当たり前」を立ち止まって考えさせる存在の説得力という意味で、主人公たちに女子高生を配したことが外形以上に功を奏している。

 

罠ガール(4) (電撃コミックスNEXT)

罠ガール(4) (電撃コミックスNEXT)

 

aqm.hatenablog.jp