AQM

あ、今日読んだ漫画

#MAO 2巻 評論(ネタバレ注意)

「なぜ…お前にそんな先の事がわかる?」

「信じられないかもしれないけど…
 私は…百年後の未来から来たの。」

「…いやいやいや。」

「ええっ!?信じなさいよ。」

お前自分で「信じられないかも」言うたんちゃうんかw

女子高生・菜花は8年前に事故に遭い、両親を喪っていた。

学校帰りに友人達と事件現場のシャッター街を通った菜花は、商店街の門をくぐった瞬間、大正時代の街並みに姿が透ける人々が行き交う不思議な空間に迷い込む。

妖に襲われるところ、猫鬼に呪われた陰陽師を名乗る青年・摩緒と行き会う。摩緒は菜花を指して言う。

「おまえ妖だろう。」

8年前の事故の失われた不可解な記憶、妖、シャッター街とつながった大正時代の帝都、陰陽道の最高奥義を食った妖・猫鬼。

イケメン陰陽師と女子高生のオカルトホラー、ラブ要素もコメディ要素も今んとこ抑えめ。長編作品読むの「らんま」以来ですけど、近作の作者の作風なのか、この漫画に限ったことなのかよーわからん。

「人魚」シリーズも既読なんですけど、まだちょっと「自分の知らない高橋留美子」を読んでるような感覚。

20年も30年も経てば、作風も読んでるこっちの感性も変化して当たり前ではあるんですが。

 

MAO(2) (少年サンデーコミックス)

MAO(2) (少年サンデーコミックス)

 

aqm.hatenablog.jp