AQM

あ、今日読んだ漫画

#ぐらんぶる 14巻 評論(ネタバレ注意)

「ありがとう伊織」

「おいおいやけに素直だな」

「うん 素直に言う
 伊織が居てくれて良かったって」

オイオイ、なんの漫画のつもりだ。

大学入学を機に下宿先の美女に釣られてダイビングサークルに入部したら美女4人以外は大量の邪悪な顔したハイテンションなマッチョが全裸フリチンでイッキ飲みする宴会サークルだったウェイ系げんしけん。たまにスキューバもやる。

夏休み、新規開店のダイビングショップの手伝いで1年生の男2・女2の男女4人南国パラオ物語編。の後編。

ギャルゲーで得た知識でケバ子の恋のアシスト役を買って出る耕平。10日間に及ぶ住み込みバイト生活で溜まった性欲で伊織と耕平のちんこが爆発することをうろ覚えの性知識で心配する千紗とケバ子。ショップオーナーの母親との間でインストラクターになりたい自身の夢に関して不和を抱える千紗。

この漫画に描かれるエピソードは9割5分がハイテンションなバカコメで「バカだこの作者」って思わせといて、残った5分のしんみりするシリアスでちょっとずつちょっとずつ人間関係を進展させていきますね。まるで頑固オヤジの照れ隠しのバカ版。

夏が終わって次巻は全裸で栗拾いだそうです。バカだこの作者。

 

ぐらんぶる(14) (アフタヌーンコミックス)

ぐらんぶる(14) (アフタヌーンコミックス)

 

aqm.hatenablog.jp