AQM

あ、今日読んだ漫画

#恋と国会 1巻 評論(ネタバレ注意)

「…まさかおまえ…自分の名前…」

「うん、書いたよ。だってさっきから国会の中見てたらさ、

 国のリーダーにふさわしい人なんていないんだもん。

 そんなんだったら…あたしが総理大臣になる!」

西炯子を読むのは「娚の一生」以来。本作はビッグコミックス、青年誌。

総理大臣の家系の三代目・政界のサラブレット海藤福太郎(25)は2年の秘書経験の後、父親の地盤を継いで晴れて国会議員に。

同じ与党・大国党の一年生議員として議場で隣の席だったのは地下アイドルから転身、与党所属なのに首班指名で自分に投票し首相の演説に野次を飛ばすド天然女・山田一斗(25)だった。彼女の除名を踏みとどまった党上層部は、何かと騒動を起こす一斗の世話係として福太郎を指名した。

という国会を舞台にした一年生議員同士のボーイ・ミーツ・ガール。隣の席ラブコメ?むかし吉田栄作主演の「国会へ行こう!」って映画ありましたね。政治コメディって三谷幸喜のせいで総理大臣が主人公になりがちってのもあるんですけど、主人公が与党側なことが多いね。話作りやすいんかしら。

一年生議員、初めての登庁、初めての首班指名、初めての政治資金パーティ、初めてのパーティスピーチ、議員宿舎にお引越し、初めての野次、初めての委員会と"さしかえ"、野党議員一年生と議員宿舎でカレー食いながら政治討論、与党一年生議員の海藤一族地盤見学バスツアー。

新人ながら政界慣れしたエリートと素人目線の天然パワーで政界の矛盾をど突きまくりヒロインの、エリート&天然のある意味定番のバディもの。

「のだめカンタービレ」? 「チャンネルはそのまま」? 自分はヒロインの言動にむしろ「シロートだからよ!!」と開き直った桜木花道を思い出した。

小泉進次郎っぽい設定の若くして職業政治家に染まった主人公が、変人素人ながら実は正論しか言ってないヒロインに徐々に感化される的な予感がヒシヒシと。議員の実態なんてあたしゃ知りませんが、よく取材しているように見える。

という、作者の名前の信用買いして期待に違わぬ面白さで先々も期待してしまう痛快政治コメディ。

作品タイトルが作品タイトルなので一応「恋愛・ラブコメ」タグつけますけど、フラグは立てつつ今んとこラブ要素はゼロでーす。

 

恋と国会(1) (ビッグコミックス)

恋と国会(1) (ビッグコミックス)