AQM

あ、今日読んだ漫画

#働かないふたり 18巻 評論(ネタバレ注意)

無職ながら、実家で両親に扶養されながら雲のように風のように楽しく暮らす、兄・守と妹・春子の日常コメディ。

資質に恵まれ、家族に恵まれ、周囲に恵まれ、無職でいることのネガティブな面はあまり描かずに、ある意味で精神的なファンタジーなんだと思いますけど、いいじゃん、漫画だし。

無職は哲学や詩と相性が良いということなのか、哲学的で詩的な毎日。ギャグコメディと、日常あるあると、良い話と、人生のヒントのようなもの。まあ、ファンタジーです。

マンネリなのにエピソードは常に新しく、家族のモデルが高度成長期の核家族や二世帯同居から8050問題をはらんだニート引きこもりに移り変わった、平成・令和の「サザエさん」のようなもの。

こんな増田があったんですが、

anond.hatelabo.jp

ネットの出現で自身の幸せの定義も変わったんじゃねえかな。

この漫画でもニートの主人公2人がスマホやPCでネットに触れる場面はほぼ描かれません。現実ではニートの必需品だろうと思いますが、ネットに触れないことが彼らの悠然としたパーソナリティの形成に大きく影響してるように思います。

彼らのような悠々自適な暮らしがしたかったら、こんなブログ読んでいてはダメなのかもしれません。

 

働かないふたり 18巻: バンチコミックス

働かないふたり 18巻: バンチコミックス

  • 作者:吉田覚
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2019/12/09
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp