AQM

あ、今日読んだ漫画

#イエスタデイをうたって afterword 【完】 評論(ネタバレ注意)

冬目景が17年もかけて完結した全11巻の恋愛漫画「イエスタデイをうたって」の、「afterword」?後日談ってとこでしょうか。

確か今TVアニメやってんでしたっけ、プロモーションも兼ねて、という感じ。

内訳は

・最終回の1年後の後日談 21ページ
 最終回に登場しなかった主人公2人がちゃんと出てます。
 お幸せそうでなにより。

・キャラクター解説 13ページ
 主要4キャラは見開き2ページずつ。

・作者インタビュー 15ページ
 ハルに関するQ&Aとか含む。

・時系列不定の「イエスタデイ」ショートショートが
 4ページ×4編

・アニメ特集 13ページ
 作品諸元、キャラビジュアル、原作者と監督の対談など。

・短編「タナカゼロツー」 36ページ
 「イエスタデイ」とは関連しない短編。
 唯一の肉親だった父親を亡くし、その父親が遺した発明品たちと暮らす
 女子高生の前に、一体のロボが現れた。

・短編「サイレンの棲む海」 31ページ
 「イエスタデイ」とは関連しない短編。
 大学4年の青年が一人旅で訪れた季節外れの浜辺で
 昼間っから花火をしている一人の少女に出会う。

・短編「夏の姉」 25ページ
 「イエスタデイ」とは関連しない短編。
 高二の結子の夏休み、東京の大学に進学した2つ上の兄が、
 姉になって帰ってきた。

合間合間にコーナー表紙やイラストなど。

冬目景の単行本は無条件に買って読んでいるので、そういえば読みながら面白いかどうか考えてなかった。という人、いっぱいいそう。

冬目景信者以外が読んで面白いかどうかは知らない。