AQM

あ、今日読んだ漫画

#ワールドトリガー 198〜199話 (ジャンプSQ. 2020年9月号) 評論(ネタバレ注意)

B級ランク戦、最終第8戦が終戦。と思いきや、裏番組で中位の第8戦。

 

上位の通算ポイントは

1位 二宮隊 44p
2位 玉狛第二 42p
3位 影浦隊 39p
4位 生駒隊 34p
5位 王子隊 33p

で確定。

 

前回まではこちらから。

aqm.hatenablog.jp

「第198話 B級中位最終戦②」、「第199話 B級ランク戦終了」。
本編計46ページ。

以下、余談のあとにネタバレ情報を含んで論評しますので閲覧ご注意。

 

 

 

 

 

 

 

(余談) 

先月は休載なんで宣伝し損なったけど、こんなん書きました。

aqm.hatenablog.jp

 

あとゴーストオブツシマはいいぞ

aqm.hatenablog.jp

 

 

(扉絵)

なし。

 

(第198話 本編)

中位戦の続き、残り5人。諏訪と堤を迎え撃つ香取。スパイダーを2人の足に刺して動きを封じ諏訪を撃破。片足損傷するも那須の方に流れて再びスパイダーによる奇策で那須も撃破。追いついた堤が香取をゲット。その堤を心理戦を制して那須隊の日浦が狙撃。卒業間際の最後の試合での生存点と上位入りを決めるウィニングショットで号泣する日浦。

「手にした勝利!!そして…」(ジャンプSQ.2020年9月号より)

 

(第199話 本編)

解説による中位最終戦の振り返りと各チームの反省会。卒業する日浦の情報漏れはないと見る上層部。弓場隊と王子隊の合同打ち上げ。日浦の見送りにくる那須隊、出穂、千佳。遠征選抜試験に向け、オッサムと遊真に会っておいてほしい人がいる、と迅。

「いったい誰!?」(ジャンプSQ.2020年9月号より)

 

ジャンプSQ. 2020年9月号

ジャンプSQ. 2020年9月号

 

(所感)

今月は2話掲載、絵も仕上げまできれいに。中位戦を片付けた、という回。

 

香取。

強いじゃんお前、っつかスパイダーって人にブッ刺せるのね。隊長級から2ゲット。ワイヤーアクションに近接攻撃を見せ球に足元にスパイダーばら撒く手練れっぷり。既にオッサムよりスパイダー使いこなせてないですか…w やられ役顔の諏訪がただのやられ役なの厳しいw 強者キャラと思われた那須の弾幕もかわして一気に懐へ、一度限りの奇策でゲット。

チーム解散の危機か!?というフラグだった割りに反省会でもサバサバしてんね。この女よくわからんわ。好き。

 

那須さん。

美しい。

 

堤。

大仏様みたいな顔で中盤の主役に。渋い駆け引きで香取をゲット。この人シーンによってショットガンが2丁だったり1丁だったりして、出したり引っ込めたりするっぽい。渋い。なにげに那須が落ちながらも変化弾と置き弾を残していくのエグい。

固定シールドの中に収まると余計に仏像っぽさが増す。

 

日浦。

堤の急所をあえて外す冷静な判断。どう見ても美少女の泣き方じゃないけど、良かったね…作者が愛をこめて用意した花道を通って有終の美を飾る。

 

順位。

1位 二宮隊 44p
2位 玉狛第二 42p
3位 影浦隊 39p
4位 生駒隊 34p
5位 王子隊 33p
6位 東隊 33p
7位 那須隊 31p
8位 弓場隊 30p
9位 鈴鳴第一 30p
10位 荒船隊 30p
11位 香取隊 29p
12位 諏訪隊 29p

31点から29点の間に6チームもいる激戦区。那須隊は弓場隊や鈴鳴第一より序列が上に。

 

神田。

初登場。ふつう。

 

メガネのイケメン。

誰だお前。ああ、ヤクザか。

 

帯島ちゃん。

可愛い。鼻水太すぎ。

 

千佳。

頭のシルエットが丸くてツヤツヤしててアホ毛生えてて、完全にただのりんご。

 

日浦の見送り。

狙撃手だけなんか集まりがあったりとか結束力強い気がすんだけど気のせいか。

 

選抜試験ってなにすんでしょね。