AQM

あ、今日読んだ漫画

#しょうもない僕らの恋愛論 5巻 評論(ネタバレ注意)

なんや2人してその「しかたなく表紙に出てます」みたいな顔は。

独身アラフォーの装丁デザイナー・筒見に、芸大時代に恋仲なりかけで音信が途切れ最近亡くなった安奈、の娘・くるみが「母が大好きだった人のことを知りたい」と絡んでくる。

という、影と哀愁を背負ったイケメン中年にかつて愛した女そっくりの若くて可愛い娘さんがグイグイ迫ってくる、おっさんと女子高生の恋愛もの。筒見に学生時代以来片想いし続けている絵里も絡んで三角関係っぽく。

絵里の積年の片想いが成就し、同棲を始めた筒見と絵里。多忙な生活ですれ違いが続く中、美大志望のくるみの進路相談に乗る筒見。を身咎める絵里の友人。

絵里の中の不安が大きくなっていく中、全キャラ行きつけのパブで鉢合わせしてしまう絵里とくるみ。

f:id:AQM:20201130120931p:plain

「しょうもない僕らの恋愛論」5巻より(原秀則/小学館)

こちらも「第一部・完」という感じ。なんというかとても原秀則らしい展開で見どころいっぱい。

ネットには「可能性を生み出しただけでアウトなんだよ」という名言がありますが、

dic.nicovideo.jp

男女の仲って浮気や嫉妬が絡むと、まだ何も起こってないけど可能性を示唆した時点でアウトなことたくさんあるよねー、っていう。

あーめんどくさい。

最近の恋愛もの・ラブコメってこの辺ちゃんと回避する作品が増えてきたので、

僕の心のヤバイやつ Karte.58 僕は頼りたい

「いやダメだ!! ダメな気がするなんとなく」 昔のラブコメならココ回避し損ねてきたんですけど、ナイス回避w

2020/11/17 10:16

b.hatena.ne.jp

立てたフラグがまんまと直撃する、このめんどくさい原秀則節の古典っぷりが懐かしいやらかえって新鮮やら。古い新しいというより、もはやこの人の芸風。

f:id:AQM:20201130120956p:plain

「しょうもない僕らの恋愛論」5巻より(原秀則/小学館)

心情的には絵里に肩入れしたいところなんですけど、恋愛って善行ポイント多い方が勝ちとか、悪行ポイント多い方が負けとかそういうもんでもないんでアレですよね。

アラフォー女性と同棲始めといて結婚についてビジョンがないのは、「あるある」ではあるんですけど、男の自分から見てもいかがなものかと思いますが。

恋のはじめかたについて、アドバイスお願いいたします

その年頃で「結婚というより恋愛したい」とか、相手によっては貴方自身が結構な地雷案件になり「私の適齢期を返して」ってプレステ2本体で頭を殴られるので、付き合う前に人生観についてよく話し合ってくだしあ。

2016/09/28 17:18

b.hatena.ne.jp

次巻は時制が飛んで、くるみが大学生になってるようです。まー法律の壁があるとは言え、アウトな女子高生が女子大生になればセーフってのもアレなんですけど。

などなどブツブツ言いながら次巻も読むます。

 

しょうもない僕らの恋愛論(5) (ビッグコミックス)

しょうもない僕らの恋愛論(5) (ビッグコミックス)

  • 作者:原秀則
  • 発売日: 2020/11/30
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp