AQM

あ、今日読んだ漫画

#ラジエーションハウス 10巻 評論(ネタバレ注意)

幼い頃にそれぞれお医者さんとレントゲンの人になって患者さんたちを助ける約束をした女の子と男の子。男の子は約束を果たしさらに研鑽を積み天才的な技量を持つ放射線技師となり、果たして女医になっていた女の子が務める病院に遂に採用された。が、女の子は約束どころか、男の子のことさえ憶えていなかった…男の子は平凡な技師を装いながら、女の子を陰ながら支えるのだった…

というボーイ・ミーツ・ガール・アゲインなラブコメ医療ドラマ。「今日のあすかショー」のモリタイシの現作、原作・監修は別の人。

f:id:AQM:20201221201156j:plain

「ラジエーションハウス」10巻より(モリタイシ/集英社)

放射線医と放射線技師の両方が監修に。

今巻は「脳脊髄液減少症」が取り扱われます。「きまぐれオレンジ★ロード」のヒットで知られ、この10月に亡くなられた漫画家のまつもと泉先生が長い間患っていた病気です。

f:id:AQM:20201221201206j:plain

「ラジエーションハウス」10巻より(モリタイシ/集英社)

発見が困難なこの病気の発見、検査、治療のプロセスが丁寧に描写されます。

レアな病気で症状も一般にあまり知られていないので、まつもと先生大変だったなコレ…

表紙の左のイケメンがいけすかない野郎かと思ってたら、前巻・今巻と「なによアンタいい奴じゃないの」という感じで

f:id:AQM:20201221201216j:plain

「ラジエーションハウス」10巻より(モリタイシ/集英社)

悪い奴がいない漫画だなーと思ってたら、そういえばアイツがいたわ…という感じで次巻に続く。

あとがき読むとモリタイシ先生も引き続きご苦労が絶えないようですが、応援してます。なにげに今月2冊出してんのよね。

新刊お待ちしてますが、どうかご無理のないペースで。

 

 

aqm.hatenablog.jp