AQM

さみだれや 読んだ漫画と ウマ娘

#ハイスコアガール DASH 1巻 評論(ネタバレ注意)

ゲームセンター、特に格闘ゲームに小〜高の青春を捧げた少年少女のボーイミーツガールを描いた「ハイスコアガール」の続編。

aqm.hatenablog.jp

 

最近は「お嬢様×格ゲー」漫画がちょっとしたブームですが、

aqm.hatenablog.jp

 

aqm.hatenablog.jp

その走りだったと言っていいタイトル。

内容以外に、作品のメタにもトラブルに見舞われ紆余曲折ありつつ大団円にたどり着いた名作の、今回はまったく予想もしてなかった続編。

まったく予想もしてなかったということは、期待もしていなかったということで、ちょっとびっくりしましたね。

何を描きたいんだろうか。

ヒロインは前作の「アテ馬ヒロイン」だった日高小春。サブヒロインながら健気で一生懸命報われない恋をしてて、人気ありましたね。自分も好きでした。

f:id:AQM:20210325005932j:plain

「ハイスコアガール DASH」1巻より(押切蓮介/スクウェア・エニックス)

舞台はあれから10年以上の後、日高小春は28歳。母校である中学校の教師を務め、一般的に学校生活で抑圧される傾向のあるゲーム(「ゲーミングお嬢様」除く)を、抑圧し取り締まる側になっていた…

前半は思い通りに行かない教師生活に鬱々とする小春の教師生活がメイン。ゲーム要素もほとんどありません。

f:id:AQM:20210325005945j:plain

「ハイスコアガール DASH」1巻より(押切蓮介/スクウェア・エニックス)

心が通わない生徒たち、不気味な保護者、強権的でシステマティックな上司の校長、他人の顔色を伺うように教師生活を送る小春。

正直前半は、なんでこの続編を描こうと思ったのか、なんで「ハイスコアガール」の冠をつけたのか、訝しく思う内容です。

f:id:AQM:20210325005955j:plain

「ハイスコアガール DASH」1巻より(押切蓮介/スクウェア・エニックス)

「ミスミソウ」とかも描く二面性を持つ作家なので、そっちの作品なのかな?

が、巻の後半、この作品は「ハイスコアガール」なんだという展開がいきなり燃え上がるように立ち上がります。

f:id:AQM:20210325010008j:plain

「ハイスコアガール DASH」1巻より(押切蓮介/スクウェア・エニックス)

わー、ハイスコアガールやー。

どうなっていくんでしょう、この漫画。ゲーミング金八先生みたいなるんかな?

ハルオと晶という、強力な切り札を持つ作品でもありますね。1巻にはほぼまったく登場しませんが。

断片的な回想シーンを見るに、小春は19歳の時に渡米して、晶とバイクでアメリカを旅した?ともとれるような描写も。

f:id:AQM:20210325010018j:plain

「ハイスコアガール DASH」1巻より(押切蓮介/スクウェア・エニックス)

過去作の主人公登場は続編ものの醍醐味の一つですが、どこでどうカードを切ってくるのか、それともそのカードは封印するのか、ちょっとした見ものだなと思います。楽しみ。

 

 

aqm.hatenablog.jp