AQM

あ、今日読んだ漫画

#その淑女は偶像となる 1巻 評論(ネタバレ注意)

世俗から隔絶されたお嬢様学校に猫を被って通う少女・姫宮桜子には秘密があった。

かつての桜子を知る一人の転校生が現れたことによって、桜子の仮面を被った学園生活は終わりを告げる。

桜子はかつてアイドル界の頂点にいながら挫折した、元トップアイドルだった。

f:id:AQM:20210407014953j:plain

「その淑女は偶像となる」1巻より(松本陽介/集英社)

アイドルに夢を見て活動する転校生は桜子に「一緒にアイドルをやろう!」と告げるのだった。

で始まる、熱血アイドルもの。

もともとジャンプ+に第一話が読み切りとして掲載されて、火がついて連載化、だったかな。

f:id:AQM:20210407015007j:plain

「その淑女は偶像となる」1巻より(松本陽介/集英社)

出オチってのとは違うんですけど、「予告編効果」も含めて一話ですでに完成されていて、二話以降は正直蛇足なんですけど、最近の漫画は蛇足を面白く読ませるようになったよね。

ライバルたち四天王がいて、かつて頂点に立った主人公が再び頂点を目指す物語。テーマはアイドルですが実態はスポ根です。

f:id:AQM:20210407015023j:plain

「その淑女は偶像となる」1巻より(松本陽介/集英社)

「アクタージュ」にしろ「2.5次元の誘惑」にしろこの作品にしろ、実態がライバル対決のスポ根ものとはいえ、かつては「ガラスの仮面」が代表するように少女漫画の仕事だったんですけど、アイドル育成ゲームもいっぱい流行したせいか、ここのところすっかりジャンプの仕事になりました。

f:id:AQM:20210407015033j:plain

「その淑女は偶像となる」1巻より(松本陽介/集英社)

ケレン味たっぷりで、なんかちょっと「黒子のバスケ」思い出すねw

少女漫画って最近はどんな漫画が載ってるのか、逆に気になります。

この作品はまあもう、

f:id:AQM:20210407015047j:plain

「その淑女は偶像となる」1巻より(松本陽介/集英社)

この泣き顔の時点でほぼ名作確定みたいなもんなので。

あのアレ、「推しの子」のヒロインたちのアイドルグループとイメージかぶるというか、ちょっとごっちゃになっちゃいますけどw

 

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp