AQM

さみだれや 読んだ漫画と ウマ娘

#エリア88 の販売(公開)再開について

去年の正月に感想記事を書いた作品が、

aqm.hatenablog.jp

 

去年の11月には気づいたら販売停止になっていたんですが、

aqm.hatenablog.jp

 

無事?販売(公開)再開になったようです。

www.mangaz.com

 

経緯はよくわかんないですし、kindle版持ってて今でも再ダウンロードも問題なくできてるんで自分はあんま関係ないっちゃないんですけど、再び広く読まれる状態に戻ってよかったです。

 

おかげさまで上記の2記事がけっこう検索上位に置いてもらえまして、

「エリア88 電子書籍」

「エリア88 kindle」

「エリア88 販売終了」

「エリア88 最終回」

「エリア88 その後」

などでたくさん検索流入してきます。エリア88のその後なんてこっちが聞きてえよw

 

中には

「エリア88 最終回 ひどい」

「エリア88 打ち切り」

などで流入してくる人もいるので、時代背景も今と全然違いますし、初見さんは期待もほどほどに。

 

自分の感想は感想記事に書いた通りで、超名作だと思います。

最終回周りに納得いかないのはわかるし、自分も一部そうなんですけど、戦争もののラストに「納得!スッキリ!」を持ってくるような描かれ方、最初っからしてないです、この漫画。詳しくは一番上の感想記事で。

 

無料公開はずっとなのか期間限定なのかよくわかんないですけど、4年前に66歳で筆を置いた新谷かおる先生にしたら、「エリア88に恩返しを」「読者に恩返しを」「漫画に恩返しを」という心境なのかもしれないな、と勝手に思いました。

 

ファンの気持ちもわかるw んですけど、「お願いだから読んで!」なんて言ったら失礼に当たるような名作なので、縁があった人が好きに読めばいんでねえかなと。