AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#勇気あるものより散れ 2巻 評論(ネタバレ注意)

「ガンスリンガー・ガール」「1518!」の相田裕の新作。

明治七年。

幕末に「鬼九郎」の異名で知られた剣士、元・会津藩士の鬼生田春安は、死に場所を求めるように反・維新政府の活動に身を投じ、内務卿・大久保利通の乗る馬車を襲撃する。

馬車の中から現れ彼を迎撃したのは、先日、刀剣屋で言葉を交わした女学生風の娘だった。

f:id:AQM:20220404111929p:plain

「勇気あるものより散れ」2巻より(相田裕/白泉社)

致命傷を与えたはずの娘に敗れた春安は、逆に瀕死の重症を負わされるが、娘は不死者の一族を名乗り、彼を眷属として延命させることを告げる。

娘に救われた春安は生きる場所を得て、幕府から維新政府に受け継がれた、不死者を巡る忌まわしき闘争に身を投じる…

f:id:AQM:20220404111912p:plain

「勇気あるものより散れ」2巻より(相田裕/白泉社)

という、主人公がヒロインの首に斬りつけるところから始まる、明治時代を舞台に不死をめぐる陰謀が渦巻く血生臭い伝奇剣劇アクション。

この作者の代表作は今のところ数多くないですが、新作のたびに予想のつかないジャンルに飛んでいきますね。

f:id:AQM:20220404111952p:plain

「勇気あるものより散れ」2巻より(相田裕/白泉社)

明治七年、作中で「近々 廃刀令が出る」とされているので、「るろうに剣心」のオープニングよりあと数年古いぐらいでしょうか。

1巻のっけから敵本拠に押し入って、ヒロインの兄のラスボス級と対峙しながら不死者を殺せる妖刀「殺生石 華陽」を強奪、今巻はその後始末というか、潜伏・逃走劇の巻き。

f:id:AQM:20220404112008p:plain

「勇気あるものより散れ」2巻より(相田裕/白泉社)

潜伏・逃走がメインなので特に大きくストーリーが進展するものではないですが、現在の東京 中央区〜港区にあたる界隈を舞台に、不死者、剣撃vs銃撃、果ては妖刀による超人剣術からガトリング砲までが斬った撃ったを繰り広げるアクションシーンが満載。

もとより幕末〜明治初頭を舞台にしたバトルアクションものは剣撃と銃撃の混沌ですけど、不死者属性で「被弾してもなかなか死なない」が加わると更になんでもありのカオスですね。

f:id:AQM:20220404112025p:plain

「勇気あるものより散れ」2巻より(相田裕/白泉社)

ヒロイン一族の新キャラ登場で次巻は話が次のステップに移りそう。

 

 

aqm.hatenablog.jp