AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#男子高校生を養いたいお姉さんの話 13巻 【完】 評論(ネタバレ注意)

親が蒸発、借金とともに残された可愛い顔の男子高校生・実が、マンションの隣の部屋の氏名不詳・職業不詳のクレイジーサイコ巨乳美人のお姉さんに養われる話。

「男子高校生を養いたいお姉さんの話」13巻より(英貴/講談社)

Wikipediaで「童貞」を調べるなよw

実が好きすぎて少し頭がおかしいのが7割とどこからか無尽蔵に金が出てくるのが2割以外は基本的に天然おっとりお姉さんなので微笑ましく読める癒し系。

短く読みやすくくだらなく楽しく毎回4ページをハイテンションな全力疾走で駆け抜けて黄金のワンパターンをゴリ押ししてくる日常バカコメ。

「男子高校生を養いたいお姉さんの話」13巻より(英貴/講談社)

作りとしては昭和テイストのドタバタ系のボケに対して平成・令和のツッコミが入る面白さ、と言う感じ…

でしたが、

前巻で2人のお付き合いが始まり、今巻で完結、最終巻に。

「男子高校生を養いたいお姉さんの話」13巻より(英貴/講談社)

最終巻らしく、実くんの大学受験、高校卒業、初体験と、重要イベントが山盛り。

最終回は「そして3年後」、アフターストーリーのショートショートが何編か。

最後までこの作品らしく馬鹿馬鹿しいドタバタ劇。予想、あるいは期待を裏切らない大団円。

「男子高校生を養いたいお姉さんの話」13巻より(英貴/講談社)

人生において割りと重要な転機、ラブコメにおけるクライマックスを迎えているにも関わらず、「シリアス展開? なにそれ美味しいの?」と言わんばかりに重要イベントをもドタバタのギャグコメディを貫き通し、1話(基本)4ページを4年間、話数は最終的に362話に及びました。

「男子高校生を養いたいお姉さんの話」13巻より(英貴/講談社)

寂しくなるねえ。2人ともおめでとう。

 

 

aqm.hatenablog.jp