AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#カノジョも彼女 11巻 評論(ネタバレ注意)

幼馴染の咲に小学生以来ずっと片想いで何回フラれても告白し続けた直也。

高校入学を機についに咲にOKしてもらい付き合いだした矢先、直也はクラスメイトの超美少女・渚に告白される。彼女の可愛さと健気さに胸を打たれた直也は…

というガチもんのハーレムラブコメ。

f:id:AQM:20210116020414j:plain

「カノジョも彼女」1巻より(ヒロユキ/講談社)

いや、ハーレムラブコメのガワを被ったメタ・ラブコメネタのバカギャグコメです。真面目なラブコメと間違って買わないように気を付けてください。

作者は「アホガール」の人。

「借金が雪だるま式に増えていく」とは聞きますが、「彼女が雪だるま式に増えていく」とは聞いたことがない。正々堂々と二股かけて更に彼女候補が2人いて現在ヒロイン4人体制。

「カノジョも彼女」11巻より(ヒロユキ/講談社)

咲の親友として直也の二股を解消させるはずがいつのまにか直也に心惹かれてしまった、作中唯一の(比較的)シリアス要素だった紫乃さんの秘めた片想いが炸裂した沖縄編が終わり、紫乃さんの恋も晴れてオープンに。

紫乃さんは直也を成績学年一位に押し上げ、直也の両親に咲と渚との二股を認めさせ安定させた上で、三股目の彼女を目指すことに。

「カノジョも彼女」11巻より(ヒロユキ/講談社)

いや、その発想はおかしい。

他、二股彼女たちに先んじて直也と紫乃がキスしてしまった波紋。

夏休みの終わりに宿題やりたくない→勉強したくない→プロゲーマーになりたい→プロゲーマーより収益が得られそうな配信者になりたい、と世の中のプロゲーマーや配信者の苦労をナメきった咲が、人気配信者のミリカに弟子入り、コラボ配信でスタートダッシュを狙うことに。

「カノジョも彼女」11巻より(ヒロユキ/講談社)

直也を巡って犬猿のライバルの仲の咲とミリカのコラボ配信の行方は…

と、作者のあとがきにあるとおり、前巻・前々巻が比較的シリアスだった反動か、今巻は完全にギャグコメ中心巻。

なんつーか、やっぱコイツらDISり合いと狂気じみたバカ発言こそが本領発揮というか、

「カノジョも彼女」11巻より(ヒロユキ/講談社)

イキイキして輝いてんねw

 

 

aqm.hatenablog.jp