AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#けいおん!Shuffle 2巻 評論(ネタバレ注意)

姉が通う桜高の学園祭に遊びに行った高1の紫と、幼馴染と楓は、『けいおん』オリジナルメンバーのライブを目にしてバンドの魅力に取り憑かれる。同じクラスの真帆を巻き込んで軽音同好会に入会、楽器を揃えてバンド活動を始めていく…

『けいおん!Shuffle』2巻より(かきふらい/芳文社)

『けいおん』の焼き直しを時間を巻き戻して同じ世界観、同じ時間軸、別の高校、別のキャラたちで。

大ヒット作の焼き直しだけど、要するにこの作者は女子高生のバンドもの4コマが描きたい漫画家で、漫画は面白ければそれでいいので。あだち充も野球でずっと同じことをやってる。

『けいおん!Shuffle』2巻より(かきふらい/芳文社)

同じ「まんがタイムきらら」で同じジャンルの「ぼっち・ざ・ろっく!」とカブってんですけど両方面白ければそれでヨシ。

前作のヒットについて「京アニにアニメ原作として目をつけられる幸運に恵まれた」と見る向きもあるかと思いますし、ネタで勝負するストロングスタイルというよりはキャラ萌えで人気を稼ぐ作品との評価もあるかと思います。

『けいおん!Shuffle』2巻より(かきふらい/芳文社)

事実ではあるんですけど、未アニメ化かつリブートでキャラを一新したこの続編もちゃんと面白いですね。

キャラ中心で回しているのは相変わらずですが、ゼロからまたネタでキャラを育てる手腕、育てたキャラでネタを回す手腕も相変わらず、安定してます。

『けいおん!Shuffle』2巻より(かきふらい/芳文社)

キャラ萌え漫画と言われながらも、可愛いだけでなくちょいちょいネタがキレてんですよね。

2巻にして早くも表紙の2人、新入生の新キャラ登場ながら、ギャル新入生と無愛想デレ新入生のコンビ、2巻にして既にキャラたちに愛着が。

前作ヒロインズのカメオ出演(?)のおまけ要素も、一冊に1エピソードだけと控えめなのも良いですね。

今巻のカメオ出演は人気者、

『けいおん!Shuffle』2巻より(かきふらい/芳文社)

中学生時代のあずにゃんでした。

 

 

aqm.hatenablog.jp