AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#機動戦士ガンダム ピューリッツァー ーアムロ・レイは極光の彼方へー 1巻 評論(ネタバレ注意)

U.C.0094、一年戦争終結から14年、「シャアの反乱」終結から1年半。

一年戦争時、カツ、レツ、とともに戦災孤児として地球連邦軍の戦艦ホワイトベースに乗り合わせて戦場を転々としていたキッカは、コバヤシ夫妻の養子として、月面都市フォン・ブラウンで文学を学ぶ大学生になっていた。

『機動戦士ガンダム ピューリッツァー ーアムロ・レイは極光の彼方へー』1巻より(才谷ウメタロウ/KADOKAWA)

これMk-Ⅱかな? エゥーゴカラーっぽいけどエマ機?

シャアの反乱でMIA(Missing in action:作戦行動中行方不明)認定されたアムロ・レイの名前が半年後の戦争慰霊祭で初めて慰霊碑に刻まれることとなり、アムロの伝記が多々出版される中、キッカは世間で肥大していく「撃墜王アムロ・レイ」の虚像に強く違和感を覚えるようになった。

養母フラウが暮らす実家となった静岡に帰省したキッカは、アムロ・レイを取材し本を出版したい旨をフラウに告げる。

『機動戦士ガンダム ピューリッツァー ーアムロ・レイは極光の彼方へー』1巻より(才谷ウメタロウ/KADOKAWA)

フラウはキッカにカイ・シデンの連絡先を渡し、そのカイ・シデンからはアムロ・レイが生前に関わった大量の関係者の所在と連絡先リストが送られてくる。

かくして、アムロ・レイの伝記を出版するべく、キッカの取材の旅が始まった…


という、女子大生キッカによるアムロ回顧のガンダム・スピンオフ。

UC回顧ものでは、カイ・シデンを主人公にした

ことぶきつかさの『一年戦争(ガンダム)』『グリプス戦役(Zガンダム)』の回想録シリーズ計4冊が比較的著名で、本作も正統後継と言って良いぐらい雰囲気は似てます。

『機動戦士ガンダム ピューリッツァー ーアムロ・レイは極光の彼方へー』1巻より(才谷ウメタロウ/KADOKAWA)

本作はテーマをアムロにしぼり、関係者にインタビューしていく、というスタイル。

一年戦争はなんかもう『スターウォーズ』サーガと並んで「日本で最も有名な架空戦記」ですね。

ja.wikipedia.org

作者の「才谷ウメタロウ」は「なんか聞き覚えある名前だな」と思ったら、「才谷梅太郎」が坂本龍馬が使ってた偽名ですね。ああなるほど。

と思ったら「才谷ウメタロウ」さんも『コロニーの落ちた地で』のコミカライズ作家で見覚えがあったんでした。

ガンダム・スピンオフのクオリティは作劇・作画ともに玉石混合ですが、この作品は作劇はテーマで得してて(タイトルに「アムロ」入れると売れるだろうな)、作画も「トップ層ではないが平均よりはずっと上」という感じ。

回想シーンのメカ描写は、最近のガンダム・スピンオフは各作品にCG&トレースのメカ作画専用アシスタントが入るようになったんですかねコレ。

女子大生キッカもなかなかチャーミング&セクシー。

『機動戦士ガンダム ピューリッツァー ーアムロ・レイは極光の彼方へー』1巻より(才谷ウメタロウ/KADOKAWA)

本作のインタビュー相手は、

フラウ・コバヤシ

ハヤト・コバヤシ

ジョブ・ジョン

オムル・ハング

カイ・シデン

カマリア・レイ

オスカ・ダブリン

懐かしの脇役たち。

概ね、一年戦争時のホワイトベースのクルー(キッカとも旧知)と、あとはアムロの母親、というラインナップ。

アムロとシャアの人物像に関しては一家言あるガノタは多いので、描くのは大変というか全員が納得する話を描くのは無理だと思いますが、

逆襲のシャアは最高という人は多いけどF91が最高という人がいない理由

なんだかんだ言って結局アムロとシャアが好きってのはあります

2019/09/17 10:24

b.hatena.ne.jp

同じく一家言ある自分としても、ミッシングリンクがどう埋まっていくのか楽しみです。

『機動戦士ガンダム ピューリッツァー ーアムロ・レイは極光の彼方へー』1巻より(才谷ウメタロウ/KADOKAWA)

続巻のお楽しみ、これからのインタビュー相手、この時期に存命の「アムロの関係者」の「大物枠」としては

ベルトーチカ・イルマ

ハサウェイ・ノア

ブライト・ノア

あたりがまだ残されていますね。

雑誌「ガンダムA」系のガンダム・スピンオフ、特にUCものはサンライズの厳しいチェックが入ってるイメージですが、

『機動戦士ガンダム MSV-R ジョニー・ライデンの帰還』19巻より(Ark Performance/KADOKAWA)

アムロとシャアに関してはそもそも「描いて良い」作品が割りと希少なイメージで、自分は心の中で「アムロ券」「シャア券」と呼んでいます。

この作品も当然「アムロ券」が渡された作品なんですが、「新規エピソード券」が渡されているのかまだイマイチ不明。

『機動戦士ガンダム ピューリッツァー ーアムロ・レイは極光の彼方へー』1巻より(才谷ウメタロウ/KADOKAWA)

あと、『ZZ』最終回以降の姿が公式に描かれない「カミーユ券」も、発行するつもりがあるならそろそろ発行しどき、という気もします。

というわけで自分はカミーユ・ビダンさんに3,000点。

 

 

aqm.hatenablog.jp