AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#妄想先生 1巻 評論(ネタバレ注意)

色咲桃子(26)は高校の英語教師で2年4組の担任。

男女関係に初心で、男子中学生のようにエロ妄想癖が強い彼女の脳内では、英語の授業の質問をしてくる男子生徒は自分の肉体目当て、副顧問を務める男子バスケ部の生徒たちは自分の肉体目当て、問題を起こし赤点を取って補習を受ける不良(?)は自分の肉体目当て、およそすべての男子生徒が全員、自分の肉体目当てに見えていた。

『妄想先生』1巻より(ゆずチリ/新潮社)

エロのことしか考えていないに決まっている思春期を高校生たち(※桃子先生目線)を立派な人間に教育すべく、桃子先生は今日もがんばるのだった。

という、出オチの一発ネタの妄想すれ違いコメディ。一話につき6ページ程度のほぼショートショートな軽めの漫画。

『妄想先生』1巻より(ゆずチリ/新潮社)

ビジュアルはキュートでセクシーな桃子先生の、スポーツ新聞の四面(エロ)記事のようにベタでオヤジっぽいエロ妄想の馬鹿馬鹿しさとバリエーション、独り相撲なノリツッコミの可笑しみ、というところ。

馬鹿馬鹿しくて可愛くてちょっとだけエッチ、という。

萌え&ちょいエロであることを除けば、軽くてちょっと笑える、ノリとしては新聞の4コマに近いです。

『妄想先生』1巻より(ゆずチリ/新潮社)

「なんじゃろう!?」って、なんで脳内ツッコミがジジイ口調なんだよw

本人的には真剣ながら不器用な桃子先生の偏見と妄想は、意外と子どもで意外と健全(?)な高校生たちの前で完全に独り相撲ではあるんですけど、読者はそんな可愛い桃子先生のちょいエロ目線で愛でるのがメインの漫画なので、メタな意味ではあながち間違ってもいないというw

『妄想先生』1巻より(ゆずチリ/新潮社)

読み取り方の切り口によっては教育観・思春期観・高校生観・セクハラ観・ジェンダー観に対するメタで皮肉で戯画的な風刺と読み取ることも不可能ではないですけど(そうか?)、普通にレトロでベタで軽くて可愛い息抜きコメディとして気楽に楽しむ方がお得だと思います。

『妄想先生』1巻より(ゆずチリ/新潮社)

ゆずチリ先生の描く女の子のビジュアルはシンプルに可愛くて良いですね。

 

 

aqm.hatenablog.jp