AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#カノジョも彼女 13巻 評論(ネタバレ注意)

幼馴染の咲に小学生以来ずっと片想いで何回フラれても告白し続けた直也。

高校入学を機についに咲にOKしてもらい付き合いだした矢先、直也はクラスメイトの超美少女・渚に告白される。彼女の可愛さと健気さに胸を打たれた直也は…

f:id:AQM:20210116020414j:plain

「カノジョも彼女」1巻より(ヒロユキ/講談社)

というガチもんのハーレムラブコメ。

いや、ハーレムラブコメのガワを被ったメタ・ラブコメネタのバカギャグコメです。真面目なラブコメと間違って買わないように気を付けてください。

『それでも歩は寄せてくる』のピュアな青春ラブコメ展開の直後に読むと頭がおかしくなりそうな漫画だなw 同じマガジンコミックス同士の同日発売で、巻数もカブッてんですよねw

aqm.hatenablog.jp

作者は「アホガール」の人。

「借金が雪だるま式に増えていく」とは聞きますが、「彼女が雪だるま式に増えていく」とは聞いたことがない。正々堂々と二股かけて更に彼女候補が2人いて現在ヒロイン4人体制。

『カノジョも彼女』13巻より(ヒロユキ/講談社)

2人(もしくは4人)の彼女を幸せにできる力を周囲に示すため、テストで学年1位をとる宣言をした直也は、彼女ズ(なんだこの日本語)の献身的な協力もあり見事に有言実行を達成。

今巻は、直也の本気を見せられたファースト彼女(なんだこの日本語)咲ちゃんの大胆で意外な行動とその顛末。

『カノジョも彼女』13巻より(ヒロユキ/講談社)

次いで、直也の勉強をサポートしたご褒美(ご褒美とは…?)に彼女ズ(なんだこの日本語)全員と順番に個別デート編へ。

ラノベ風にタイトルをつけると

「クソッ、そんなつもりじゃなかったのに誰とデートしても気がついたら最終的にラブホに入っちまう!」編。

『カノジョも彼女』13巻より(ヒロユキ/講談社)

んなアホなw

『バクマン』で「シリアスな笑い」という概念が提示されたことをちょっと思い出します。

イカれててとてもシリアスとは言えない作品ですが、それぞれが置かれた異常な状況で彼と彼女らは近視眼的ながら全員とても真剣で一生懸命です。

『カノジョも彼女』13巻より(ヒロユキ/講談社)

全員が納得ずくで相互に優しく、高め合える四股関係というアホが考えたようなものが万が一実在するとしたら、他人には一体何が言えるのかという示唆も、ドタバタの陰に仄見えてますよね。

サードとフォースの彼女未満ズ(なんだこの日本語)も、頑張って正式彼女に昇格(?)して報われてほしい。

『カノジョも彼女』13巻より(ヒロユキ/講談社)

「納得ずくで相互に優しく、高め合える」…? 知らない子ですね…

アホなことでも必死に頑張っている若者を見ると応援したくなるのは、もしかしたら人間の脳のバグかもしれないなと、この漫画を読んでると思ったりします。

 

 

aqm.hatenablog.jp