#AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#刷ったもんだ! 8巻 評論(ネタバレ注意)

元ヤンキーな青春を送り、SNSで漫画クラスタに入り浸る漫画好きの真白悠(♀)は中小企業の虹原印刷(株)に就職。

企画デザイン課に配属され、印刷物のデザイン、データ作成・出力、校正を担当。担当する仕事は選挙のチラシからエロ同人誌までなんでもあり。

「刷ったもんだ!」8巻より(染谷みのる/講談社)

という印刷会社のお仕事日常漫画。

取材もしてんでしょうけど、1巻巻末の「Special Thanks」に「元勤め先の皆さま」とあり、作者が経験者なんですね。「NEW GAME!」と同じパターン。

人の生き死にに関わらない、世界も救わない、地味で実直ですけど、ウェルメイドなお仕事もの。

「刷ったもんだ!」8巻より(染谷みのる/講談社)

こなれてきたと言うか、虹原印刷の人間関係も巻を重ねてキャラに愛着も湧いてきて、読んでてどんどん楽しくなってきましたね。

今巻は巻の大部分を使って、前々巻から仕込んでいた、「全日本職人技能チャンピオンシップ」、印刷部門の部。

このエピソード限定の主人公として出場するのは真白の同期で生産部印刷課、「印刷職人」見習いの桃川。

「刷ったもんだ!」8巻より(染谷みのる/講談社)

東京ビッグサイトで開催(その後、移動)された大会には、桃川の家族に加え、虹原印刷の面々、そして桃川と両片想いの女子大生・ほのかちゃんも。

筆記試験、実技試験を潜り抜けた、23歳以下の印刷職人たちの中から選ばれた6人による本選・決勝戦。

なんつか、グルメものでよく職人バトル展開になりがちですけど、やたら「ラーメン対決」を繰り広げた『らーめん才遊記』みたいw

つーかね、決勝のライバルたち、この巻以降二度と出番なんかないくせに、曲者強者キャラっぷりの作り込みがすごいw

「刷ったもんだ!」8巻より(染谷みのる/講談社)

なんの漫画なんだよというか、「あれ、このまま印刷バトル漫画になるのかな?」という、使い捨てるにはもったいないイイキャラ揃いでした。

トラブル続きの展開も、エピソードの締めも良いよね。

一方作品の縦軸たる、真白と黒瀬くんの淡い恋も、逆方向に進展中。

「刷ったもんだ!」8巻より(染谷みのる/講談社)

あんま穿ったこと書くもんじゃねえというか、みっともないとは思うんですけど、あと2冊、って感じですしょうか。

さてさてさてさて。さて。

 

 

aqm.hatenablog.jp