#AQM

I oppose and protest the Russian invasion of Ukraine.

#きらぼしお嬢様の求婚 2巻 評論(ネタバレ注意)

前作『男子高校生を養いたいお姉さんの話』が好評で、

aqm.hatenablog.jp

一話4ページのショートショートながら13巻も続いた作者の新作。

『きらぼしお嬢様の求婚』2巻より(英貴/講談社)

高校入学したばかり、スクールカーストの底辺を自認する少年・沼本よしみは、ある日の下校(?)途中、跪いた見知らぬ美少女から指輪を差し出され、求婚される。

彼女は経済力で日本を実質支配する三星コンツェルンのトップの令嬢・三星光(みつぼし ひかる)だった。

権力と財力と美貌を背景に自信満々の彼女の求婚を一度は断ったものの、ドサクサで受け取った指輪を持ち帰ってしまったよしみの、自宅へ、そして学校へ、光は押しかけあるいは転校し、懐疑的だったよしみの両親、教師たち、そしてクラスメイトたちを次々と権力と財力で屈服させ懐柔して外堀を埋めていくのだった…

『きらぼしお嬢様の求婚』2巻より(英貴/講談社)

という、押しかけ暴走特急お嬢様ラブコメ。

ボケーっとした男の子に押し強めの美女が非常識にガンガン迫ってくる、それにツッコむ主人公、という作風が二作続いて、芸風という感じに。

自分は子どもの頃、何の影響なのか

「お金持ちは食事に使ったお高いお皿を、洗わずそのままゴミとして捨てる」

とずっと勘違いしていたんですが、そうした

「庶民目線でイメージする『お嬢様』に対する誤解」

の乗っかった、「財力、権力、世間知らず」なお嬢様ネタを中心に据えたラブコメディ。

今回のお嬢様ブームは息が長いというか、擦っても擦っても味が出続けますねえ。

『きらぼしお嬢様の求婚』2巻より(英貴/講談社)

明るく馬鹿馬鹿しく勢い任せのパワーラブコメなのは前作どおりですが、「スクールカースト」「親」「教師」「同級生たち」「世間」など、ラブコメを妨害する他人要素はすべて「金と権力」とで屈服させられる程度のものでしかない、という蔑視もしくは諦観と、ヒロインの暴走の動機、狂気の源泉が「親を喪った子どもの孤独」に根ざしている点など、風刺というか、感情移入の入り口として意外と社会派なテーマをおそらく意図的に孕んでいる漫画。

『きらぼしお嬢様の求婚』2巻より(英貴/講談社)

ギャグコメとしてはむしろベタ中のベタというか、もはや敢えてやってる「メタベタ」なんですけど、照れやかっこつけで躊躇してブレーキを踏むことなく、ひたすらアクセル全開なのが痛快な作風。

前巻1巻でお付き合いが始まり、今巻のハイライトは光がよしみ一家に押しかけ同居する展開。あっという間に同居ラブコメにw

『きらぼしお嬢様の求婚』2巻より(英貴/講談社)

同居ラブコメでは普通、主人公の両親が邪魔なので海外赴任とかして不在になるもんですが、本作ではヒロインが権力と財力で主人公の両親を屈服させて普通に同居。

「権力と財力で屈服させた」前提さえ忘れられれば、主人公の両親とヒロインも結構なじんで仲良くやっていて、狂気が一周回って昭和のほのぼの家族もの的な雰囲気さえ漂う謎空間に。

ベタなんですけど、誰もブレーキ踏むことなく

『きらぼしお嬢様の求婚』2巻より(英貴/講談社)

「反社」「食中毒」など危険なワードを躊躇なくぶっ込んで、不謹慎で小気味良いなあw

 

 

aqm.hatenablog.jp