AQM

あ、今日読んだ漫画

#ばっかつ!~麦酒喝采~ 1巻 評論(ネタバレ注意)

ソムリエ漫画はいくつか思い浮かぶけど、ビールものと言えば「もやしもん」のビール編を思い出します。

うんちく語りつつ青春群像劇の中で武藤の葛藤とビール業界の葛藤を重ね合わせ紐解き、現実の業界を巻き込むスケール感でビールの未来と希望を語った「もやしもん」のビール編は、すごく好きなエピソードでした。

もちろん、ビールを扱ってるという共通点だけで新作の1巻を「超人気作のように描いていない」と比較し批判するのは、フェアではないと思います。

大学2年進級を機に何かサークルに入ろうと一念発起した、晩酌が趣味の花小路ほっぷ(20)を勧誘したのは、ビール愛好会を立ち上げた二条こむぎ(20)だった。
という「ほっぷ」と「こむぎ」のガール・ミーツ・ガールな美少女ビール漫画。いろんなビールを味わいつつ歴史や製法のうんちくを語る。

アレに匹敵するうんちくセリフの文量。ビールの種類毎にこだわったグラスに注がれたビールの絵がシンプルながら「作品生命賭けてます」という気合の入れよう。

作者の深いビール愛を感じてしまった同志としては、ビールの漫画といえばまず最初に思い浮かぶような、ビールが飲みたくなる作品になるといいなと思います。

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp