AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

家族

#バトゥーキ 13巻 評論(ネタバレ注意)

女子中学生・三條一里はブラジル・マフィアの現ボスの落とし胤だったが、本人はそのことを知らず、組織の末端構成員の夫婦に日本で育てられた。 組織構成員B・Jは組織の跡目争いに一里を参加させるべく、育ての両親を誘拐。 同じ頃、カポエイラ(カポエラ)…

#あかり 【完】 評論(ネタバレ注意)

老境で妻を亡くしたステンドグラス作家。 縁切り同然に疎遠になった息子夫婦とは15年間、音信不通。 そんな中、妻を亡くし、天涯孤独の身となった。 創作意欲もなくし、生業としていたステンドグラス教室も閉める決意をしたある日、 『あかり』より(小日向…

#であいもん 公式コミックアンソロジー ~縁~ 評論(ネタバレ注意)

京都の老舗の和菓子屋の実家にバンドの夢を諦めて?帰ってきた跡継ぎ息子・和(なごむ)と、実家が事情あって預かってる小学生の女の子・一果(いつか)を軸にした和菓子屋さんの日常もの。 和菓子+父娘もの+職人+京都の四季+ラブコメ少々という感じ。 …

#玉置勉強短編集 ザ・ドラッグス・ドント・ワーク 評論(ネタバレ注意)

母は子どもの頃に蒸発、父は難病、飼い猫は癌、本人は薬物中毒の男の人生の風景。 『玉置勉強短編集 ザ・ドラッグス・ドント・ワーク』より(玉置勉強/ MeDu COMICS) その男との友人付き合いで生活費を援助していた夜職の女のそれから。 いじめられ自殺し…

#中卒労働者から始める高校生活 17巻 評論(ネタバレ注意)

母親を亡くし父親は刑務所、中卒で工場で働く主人公。3つ下のブラコン妹の公立高の受験失敗と職場での学歴コンプレックスがきっかけで、妹と一緒に通信制高校に通うことに。 事情を抱えたヒロイン、親の勧める名門校を蹴って通信制高校に。 2人は惹かれあい…

#かがみの孤城 5巻 【完】 と #シン・ウルトラマン と #M八七 評論(ネタバレ注意)

中学一年生の"こころ"は、中学入学と同時に始まったいじめで登校拒否になりカウンセリングスクールにも行けずに部屋で引き篭もっていた。 ある日、自室の鏡が光を放ち、こころは鏡の中の世界に引きずり込まれる。そこには西洋風の城が建っていて、狼の面を被…

#後ハッピーマニア 3巻 評論(ネタバレ注意)

いろいろあってタカハシと結婚したシゲカヨ。約20年後、タカハシから離婚を切り出されるシーンから物語は始まる。 駆け込む先は相変わらずフクちゃん家だった。駆け込みすぎてフクちゃんの息子の高校生にタメ口きかれてんのウケる。 「後ハッピーマニア」3巻…

#新九郎、奔る! 10巻 評論(ネタバレ注意)

室町後期(戦国初期)の武将、北条早雲の幼少期からの伝記もの。享年64歳説を採用。 ja.wikipedia.org 中世代を舞台にした作品ながら、現代の話し言葉を大胆に採用、横文字もガンガン出てくる。おっさん達の政争劇は作者の本領発揮なイメージ。 北条早雲の伝…

#おしかけツインテール 7巻 評論(ネタバレ注意)

花梨ちゃん腹筋すげえな。 ソシャゲを同時並行で6つプレイする資産家でトレーダーでダメ人間的な引きこもり男・新田の広大な屋敷に遠縁の美人母娘が居候することに。 「おしかけツインテール」7巻より(高津ケイタ/芳文社) 美人ママの八重さんはキャリアウ…

#MFゴースト 14巻 評論(ネタバレ注意)

「MFゴースト」は「頭文字D」と同じ世界観、あっちが基本的に90年代を舞台にした作品であるのに対し、202X年が舞台の続編という位置づけです。大体20〜30年後?という感じ。前作の登場人物たちがおじさんになって脇役で大量に登場。 前作主人公の藤原拓海も…

#じいさんばあさん若返る 5巻 評論(ネタバレ注意)

長年連れ添った津軽弁の農家の老夫婦・正蔵とイネは、ある夜目覚めると二人とも青年期のイケメンと美女の姿に、特に理由もなく若返っていた。 若返った二人に孫娘ははしゃいで甘え、息子の嫁はときめき、息子は動揺し、老人会はざわついたが、 「じいさんば…

#百木田家の古書暮らし 1巻 評論(ネタバレ注意)

母と死別、父は単身赴任でアメリカの大学で勤務。横浜の実家で暮らす百木田(からきだ)家の三姉妹。 長女でバツイチで出版社編集のイチカ。 次女でコミュ障で会社員生活に馴染めないツグミ。 三女で高校生で闊達な自由人志向のミノル。 「百木田家の古書暮…

#であいもん 13巻 評論(ネタバレ注意)

京都の老舗の和菓子屋の実家にバンドの夢を諦めて?帰ってきた跡継ぎ息子・和(なごむ)と、実家が事情あって預かってる小学生の女の子・一果(いつか)を軸にした和菓子屋さんの日常もの。 元カノや片想いの女子高生や隠れ女装男子と「ハーレムものかよオイ…

#それでも歩は寄せてくる 11巻 評論(ネタバレ注意)

2人しかいない将棋部の、おさげデコ部長・八乙女うるし(高2♀)と、好き丸出しのくせに頑として認めない無表情部員・田中歩(高1♂)の、告白前の高校生男女が好き丸出しで部室で将棋指しながら甘酸っぱくイチャイチャしてる、可愛いは正義のショートラブコメ…

#新婚のいろはさん 6巻 評論(ネタバレ注意)

4コマの匠・OYSTER先生の、再会した幼馴染同士が恋人すっ飛ばして結婚した可愛らしい新婚さん4コマ漫画。 奥さんが一歳お姉さんで天然系のボケ役、旦那は漫画家で温和なツッコミ役。 面白い漫画を描きたいのか可愛い漫画を描きたいのかハッキリしていただき…

#さよなら絵梨 【完】 評論(ネタバレと自分語り注意)

ジャンプ+で『さよなら絵梨』(藤本タツキ)を読んだ。 shonenjumpplus.com ちなみに冒頭、「こないだ中学生になった」主人公の誕生祝いケーキに「12さい」と描かれているのは、彼が飛び級である裏設定は作劇上の意味がないので、 ・中1の満年齢を作者がうろ…

#SPY×FAMILY 9巻 評論(ネタバレ注意)

凄腕スパイ・暗号名「黄昏」に下った新たな指令は、妻と新小学生の子どもを調達して敵国の名門校のPTAに潜入し、平和を脅かす危険な黒幕に近づくこと。 任務のために孤児院で適当に選んで引き取った娘・アーニャは、他人の心が読める超能力者だった。 「SPY×…

#宇崎ちゃんは遊びたい! 8巻 評論(ネタバレ注意)

既にラノベ風のタイトルをあえてラノベ風にすると「目ツキ悪くてボッチ好きの俺の後輩がバカうざ可愛い"ッス"口調のショートカット構ってちゃんチビ巨乳のわけがない」という感じ。 連載自体は割りと長期というか、作品との付き合いが長く感じて、ラブコメと…

#みなみけ 23巻 評論(ネタバレ注意)

高校生のハルカ、中学生のカナ、小学生のチアキの3人で暮らす南家の姉妹を中心とした老舗の日常コメディ。連載開始は2004年、18年も続く美少女サザエさん。 「みなみけ」23巻より(桜場コハル/講談社) 一時期、絵が荒れてたのかスタイルチェンジなのか鳥獣…

#カナカナ 3巻 評論(ネタバレ注意)

5歳ぐらいの少女・カナカは他人の心が読めるテレパス持ちで幼少期以来、「家族八景」の七瀬のようにその能力に苦しんできた。 「カナカナ」3巻より(西森博之/小学館) 唯一の理解者だった祖母が亡くなり、親戚をたらい回しにされた挙句にその能力を金儲け…

#新九郎、奔る! 9巻 評論(ネタバレ注意)

室町後期(戦国初期)の武将、北条早雲の幼少期からの伝記もの。享年64歳説を採用。 ja.wikipedia.org 中世代を舞台にした作品ながら、現代の話し言葉を大胆に採用、横文字もガンガン出てくる。おっさん達の政争劇は作者の本領発揮なイメージ。 北条早雲の伝…

#バトゥーキ 12巻 評論(ネタバレ注意)

女子中学生・三條一里はブラジル・マフィアの現ボスの落とし胤だったが、本人はそのことを知らず、組織の末端構成員の夫婦に日本で育てられた。 組織構成員B・Jは組織の跡目争いに一里を参加させるべく、育ての両親を誘拐。 同じ頃、カポエイラ(カポエラ)…

#FX戦士くるみちゃん 1〜2巻 評論(ネタバレ注意)

こうして見ると美少女麻雀漫画「咲-Saki-」のFX版みたいなルックスですけど「咲-Saki-」と違うのは、この4人のうち1〜2人ぐらいは最後に自殺しそうな匂いがぷんぷんするとこです。 「FX戦士くるみちゃん」2巻より(炭酸だいすき/でむにゃん/KADOKAWA) 癒…

#お嬢さまから始める結婚生活 1〜2巻 評論(ネタバレ注意)

恋愛青春漫画「中卒労働者から始める高校生活」の aqm.hatenablog.jp 主人公二人の成人後の新婚生活を描いたスピンオフ。 「からかい上手の高木さん」と「からかい上手の(元)高木さん」と同じパターンですが、本編が日常ものではなく恋愛ストーリー漫画で…

#猫と竜 5巻 評論(ネタバレ注意)

親を喪い、卵から孵化した瞬間から、言葉と魔法を操る「森にすむ猫」(ケットシー)の子猫たちと一緒に母猫に育てられた竜。 自らを猫だと思い込んで育ち、長じて空を駆け火を吹き人間から「皇竜」と恐れられる存在となっても、その恩返しに猫の子孫たちの親…

#シメジ シミュレーション 3巻 評論(ネタバレ注意)

中一で学校が嫌になり、科学者?の姉と二人暮らしの団地の押入れに引きこもっていたら頭からシメジが生えてきた月島しじまは、一念発起して押入れを出て受験して高校に通うことにした。 高校では読書をして他人との交わりを持たないつもりだったが、頭に目玉…

#少女ファイト 18巻 評論(ネタバレ注意)

高校女子バレーボール界の札付き扱いされた少女たちが集められた古豪・黒曜谷高校女子バレー部が、各々過去のトラウマや家庭の事情を乗り越えて春高バレーの頂点を目指す青春スポーツもの。 ハードな環境に置かれてトラウマやメンタルの弱点を抱えたキャラが…

#それでも歩は寄せてくる 10巻 評論(ネタバレ注意)

2人しかいない将棋部の、おさげデコ部長・八乙女うるし(高2♀)と、好き丸出しのくせに頑として認めない無表情部員・田中歩(高1♂)の、告白前の高校生男女が好き丸出しで部室で将棋指しながら甘酸っぱくイチャイチャしてる、可愛いは正義のショートラブコメ…

#生徒会役員共 22巻 【完】 評論(ネタバレ注意)

高校の生徒会を舞台にしたほのぼの下ネタ&親父ギャグ4コマ。主人公・タカトシ以外の登場人物は全員女子。かといって別にハーレム感もない。 新聞の長寿4コマみたい。言うほど下ネタ比率もそんなに高くなくて、ただのほのぼのネタ、下手したらダラダラと特に…

#MFゴースト 13巻 評論(ネタバレ注意)

「MFゴースト」は「頭文字D」と同じ世界観、あっちが基本的に90年代を舞台にした作品であるのに対し、202X年が舞台の続編という位置づけです。大体20〜30年後?という感じ。前作の登場人物たちがおじさんになって脇役で大量に登場。 前作主人公の藤原拓海も…