AQM

さみだれや 読んだ漫画と ウマ娘

芸術・音楽

#映画大好きポンポさん3 評論(ネタバレ注意)

大多数の大人を簡単に傷つけようと思ったら、 「あなたは子どもの頃の夢を叶えましたか?」 と面と向かって訊けば、大抵の大人は多かれ少なかれ傷つきます。 理由は簡単で、子どもの頃の夢を叶えられた大人はほんの一握りだからです。 自分は大人になったあ…

#映画大好きポンポさん the Omnibus 評論(ネタバレ注意)

米ハリウッドをモデルにした、架空の映画産業の街・ニャリウッドが舞台。 伝説の名プロデューサーを祖父に持ち、その才能を血と英才教育によって継いだ少女?ポンポさんを中心に、俳優・監督・脚本・音響など映画に関わる様々な人々の映画にかける情熱や悲喜…

#その淑女は偶像となる 1巻 評論(ネタバレ注意)

世俗から隔絶されたお嬢様学校に猫を被って通う少女・姫宮桜子には秘密があった。 かつての桜子を知る一人の転校生が現れたことによって、桜子の仮面を被った学園生活は終わりを告げる。 桜子はかつてアイドル界の頂点にいながら挫折した、元トップアイドル…

#ワンダンス 5巻 評論(ネタバレ注意)

共感性羞恥でダンスを観ることすら苦手な新入生・小谷 花木(こたに かぼく♂)、通称「カボ」。 長身でバスケ部出身、吃音症(どもり)で言葉での自己表現が苦手、他人に合わせて生きつつどこか窮屈さを感じている少年が、高校でダンスに夢中な少女とダンス…

#うちの師匠はしっぽがない 5巻 評論(ネタバレ注意)

大正時代、淡路島の豆狸・通称「まめだ」は、おつかいで訪れた大阪で禁を破って人間を化かす気満々ながら上手くいかない。 化かし損なったボブカットのモダンガールを尾けて行った先は落語の寄席、彼女は狐が人に化け大黒亭文孤を名乗る落語家。言葉で人間を…

#BLUE GIANT EXPLORER 2巻 評論(ネタバレ注意)

若き日本人ジャズ・サックス・プレイヤー宮本大のサクセス・ストーリー。 日本を舞台にした「BLUE GIANT」、ヨーロッパを舞台にした「BLUE GIANT SUPREME」に続いて第三部に相当。今度の舞台はジャズの本場、アメリカ。 シアトルでの二つの目的、「シアトル…

#ぼっち・ざ・ろっく! 3巻 評論(ネタバレ注意)

内気で引っ込み思案な少女・ひとり、通称"ぼっち"が、陰キャな自分をなんとかしようと中学1年で一念発起、ギターの練習を始め毎日6時間を欠かさず2年。アカウント「ギターヒーロー」としてネットのギターソロ「弾いてみた」系動画のカリスマにはなったものの…

#mono 2巻 評論(ネタバレ注意)

「ゆるキャン△」のパノラマ背景でも話題になった作者が、取材を通じた趣味と実益が高じて描く女子高生 写真部あらためシネフォト部4コマ。 舞台は再び山梨、憧れの先輩が卒業し廃部の危機の写真部…お前らいっつも廃部の危機だな。同じく潰れそうな映研と合併…

#アルテ 14巻 評論(ネタバレ注意)

ルネサンス期のイタリア、フィレンツェで貴族の実家をおん出て徒弟制で男社会の芸術と職人の世界に身を投じたアルテ。貴族出身の若い女流画家ってことで変わり種として業界で見下されたり重宝されたりする自分の立場に、柔軟に強かに折り合いつけて頭角を現…

#ツインズシング 1巻 評論(ネタバレ注意)

双子の美少女女子高生・晴音と詩乃と1つ2つ年上の従兄のメガネの翔の3人はバンドを組み、地元の北関東を拠点にちょっとした有名インディーズバンドとなったが、翔の大学進学に伴う上京をもって1枚のミニアルバムを残して解散した。 「ツインズシング」1巻よ…

#惰性67パーセント 7巻 評論(ネタバレ注意)

美大生の男2、女3の男女5人が部屋にタムロして就職活動から目をそらしつつ酒飲んでバカ話しながらゲームしてだらしないカッコで雑魚寝したりする、全体的に暇すぎるモラトリアム日常漫画。 色々だらしなさすぎてヤッてても不思議じゃないけど、度胸もないの…

#かげきしょうじょ!! 10巻 評論(ネタバレ注意)

AKB的なグループで総選挙13位ながら握手会でファンに「キモチワルイ」つって炎上、追放されるように卒業した元アイドル、無表情クールで人嫌いの愛。 すみれの花咲く頃、宝塚的な歌劇団に付属する養成機関・音楽学校への入学を果たし、そこで出会ったのは長…

#ワンダンス 1〜4巻 評論(ネタバレ注意)

「2012年 全国の中学校でダンスが必修となり テレビやネットでクローズアップされることが急増した 中・高ダンス部は今や2千を超え 部員数は6万人以上にのぼる そしてその男女比は実に5対95」 共感性羞恥でダンスを観ることすら苦手な新入生・小谷 花木(こ…

#BLUE GIANT EXPLORER 1巻 評論(ネタバレ注意)

若き日本人ジャズ・サックス・プレイヤー宮本大のサクセス・ストーリー。 日本を舞台にした「BLUE GIANT」、ヨーロッパを舞台にした「BLUE GIANT SUPREME」に続いて第三部に相当。今度の舞台はジャズの本場、アメリカ。 「BLUE GIANT EXPLORER」1巻より(石…

#BLUE GIANT SUPREME 11巻 【完】 評論(ネタバレ注意)

若き日本人ジャズ・サックス・プレイヤー宮本大のサクセス・ストーリー。ヨーロッパ編。 若き無名の凄腕が4人集まって多国籍ジャズバンド「NUMBER FIVE」を結成。欧州中を貧乏旅行でツアーで巡りつつ徐々に頭角を現し、ついにはヨーロッパ最大のジャズフェス…

#うちの師匠はしっぽがない 4巻 評論(ネタバレ注意)

「これは…懐かしい 人間たち… こんな所にまだ生きていた! 会えた…! また会えた…! 私を愛してくれた 人間たち…」 大正時代、淡路島の豆狸・通称「まめだ」は、おつかいで訪れた大阪で禁を破って人間を化かす気満々ながら上手くいかない。 化かし損なったボ…

#ささやくように恋を唄う 3巻 評論(ネタバレ注意)

子犬系の新入生・木野ひまりは、入学式後の新入生歓迎会のライブでバンドのギターボーカルを務めた3年生の朝凪依に一目ボレでファンになった。 恋を知らない一匹狼系の帰宅部ギターシンガー・朝凪依は、頼まれて代打で出た新入生歓迎会のライブでバンドのギ…

#うちの師匠はしっぽがない 3巻 評論(ネタバレ注意)

大正時代、淡路島の豆狸・通称「まめだ」は、おつかいで訪れた大阪で禁を破って人間を化かす気満々ながら上手くいかない。 化かし損なったボブカットのモダンガールを尾けて行った先は落語の寄席、モダンガールは狐が人に化け大黒亭文孤を名乗る落語家。言葉…

#アルテ 13巻 評論(ネタバレ注意)

「アルテが道義にもとる行為をするような…私たちを裏切るような そんな事をする人間では決してないと…そう 確信しています あなたもそう確信なさってるのでしょう?」 「勿論です」 ルネサンス期のイタリア、フィレンツェで貴族の実家をおん出て徒弟制で男社…

#ぽんこつポン子 4巻 評論(ネタバレ注意)

「そんなに落ち込まんでもいいだろ…?」 「私はなぜ…あんなことをしてしまったのか… 私は、人間おお役に立つために生まれました。 しかし人間の役に立つどころか邪魔をしてしまうなんて…」 「…いつものことじゃないか?」 少し未来の日本、静岡の片田舎の町…

#かげきしょうじょ!! 9巻 評論(ネタバレ注意)

AKB的なグループで総選挙13位ながら握手会でファンに「キモチワルイ」つって炎上、追放されるように卒業した元アイドル、無表情クールで人嫌いの愛。 すみれの花咲く頃、宝塚的な歌劇団に付属する養成機関・音楽学校への入学を果たし、そこで出会ったのは長…

#BLUE GIANT SUPREME 10巻 評論(ネタバレ注意)

「テナーの君、突然すまないが、今度オレ達の世界ツアーに、参加してくれないか?」 「もちろん、いいですよ。」 「OKか。なら…」 「いいんですけど、ボクらのステージで歌ってくれますか?」 「(こんなことをオリバー相手に言えてしまうのか…)」 「(ここ…

#ぼっち・ざ・ろっく! 2巻 評論(ネタバレ注意)

「(高校の文化祭ライブってどんな雰囲気になるんだろう…)」 「迷ってるくらいなら出たほうがいいと思うけど 一生に一度の青春の舞台だし まぁ私は高校ろくに行ってないからいま適当に言ってるけどね」 「(相談するんじゃなかった…)」 内気で引っ込み思案…

#けいおん!Shuffle 1巻 評論(ネタバレ注意)

「桜高学園祭のライブ見て何か興味持った楽器なかった?」 「…うーん…パンツ…」 「パンツ!?」 「パンツの人が弾いてた楽器面白そうだった 大きいギターみたいなやつ…」 「パンツの人…?」 姉が通う桜高の学園祭に遊びに行った高1の紫と、幼馴染と楓は、「…

#SA07 1巻 評論(ネタバレ注意)

「今専門学校で頑張っている人や、絵で生計を立てたいと思ってる人に向けての エールになるような漫画をかければいいなぁと思いました。」 タイトルは「エスエーゼロナナ」と読みます。 イラストレーター志望の茉愛(まちか)はそこそこ美少女で高校で男子に…

#ささやくように恋を唄う 2巻 評論(ネタバレ注意)

子犬系の新入生・木野ひまりは、入学式後の新入生歓迎会のライブでバンドのギターボーカルを務めた3年生の朝凪依に一目ボレでファンになった。 恋を知らない一匹狼系の帰宅部ギターシンガー・朝凪依は、頼まれて代打で出た新入生歓迎会のライブでバンドのギ…

#アルテ 12巻 評論(ネタバレ注意)

「彼女の目は…"迷い"が全く感じられないんだ こんなに迷いがない人間の目を… 彼女以外に見たことがない…」 ルネサンス期のイタリア、フィレンツェで貴族の実家をおん出て徒弟制で男社会の芸術と職人の世界に身を投じたアルテ。貴族出身の若い女流画家ってこ…

#惰性67パーセント 6巻 評論(ネタバレ注意)

「こいつら こんな酒弱かったっけ?」 「アニメのOP動画集を徹夜で観てたからそのせいじゃない?」 「えっ…二人きりで!?」 「いや俺もいたから三人」 「俺は途中で寝ちゃったけど 二人は昼まで観てたらしくて」 「馬鹿じゃないの?」 美大生の男2、女2の男…

#Change! 6巻 【完】 評論(ネタバレ注意)

「言霊(リリック)で揺らそうとする天地(あめツチ) 落ちるかもしれない いつか雷(イカヅチ) 大それたこと 踏み出す私達 共に進んでく 同じ獣道」 いい表紙だなー。 覚醒する天才の話を描かせたら天下一品の作者が描く、お嬢様学校の風紀委員・通称「し…

#うちの師匠はしっぽがない 2巻 評論(ネタバレ注意)

大正時代、淡路島の狸の里の豆狸・通称「まめだ」は、おつかいで訪れた大阪で長の禁を破って人間を化かす気満々だったが何をやっても上手くいかない。 化かし損なったボブカットのモダンなガールを尾けて行った先は落語の寄席、モダンなガールは狐が人に化け…