AQM

あ、今日読んだ漫画

ミステリー・サスペンス

#紛争でしたら八田まで 2巻 評論(ネタバレ注意)

表紙のメガネ美女、「地政学リスクコンサルタント」の八田百合がクライアントの依頼を受けて世界を股にかけて紛争を渡り歩き、地政学の知識と思考と調査能力と護身術で解決していく、美女!メガネ!インテリ!ハードボイルド!ワールドワイド!なかっけーお…

#薬屋のひとりごと 7巻 評論(ネタバレ注意)

なろう小説のコミカライズ。古代中国の華やかな後宮を舞台に美女ありイケメンありミステリーあり。 人攫いに後宮の下女として売り飛ばされた薬師で毒マニアの少女・猫猫(マオマオ)が、謎のイケメン高官・壬氏(じんし)の引き合いもあって上級寵妃のお付き…

#BADON 3巻 評論(ネタバレ注意)

オノ・ナツメの現作、煙草が超高級品な「ACCA」世界観、首都・バードンが作品タイトルで舞台。 リコ、ラズ、ハート、エルモの4人の男は、それぞれ犯した罪でヤッカラの刑務所に収容されていたが、国王代替わりの恩赦・減刑で刑期が明け、4人で煙草店を営むべ…

#氷菓 13巻 評論(ネタバレ注意)

アニメでお馴染み、お前らの好きなえるたその氷菓です。 地方の高校の古典部の1年生の男女4人が、学校を舞台に数々の謎を解明する探偵もの風の青春もの。平凡な成績の省エネやれやれ野郎ながら推理力だけなんでか突出してるイケメン高校生・折木奉太郎が主人…

#紛争でしたら八田まで 1巻 評論(ネタバレ注意)

表紙のメガネ美女、「地政学リスクコンサルタント」の八田百合は、イギリス・バーミンガムでの休暇中、仕事の依頼の連絡を受ける。次の仕事はミャンマーの日本企業の工場での紛争の解決。 1週間でミャンマー語をマスターした八田はロンドン・ヒースロー空港…

#バトゥーキ 9巻 評論(ネタバレ注意)

女子中学生・三條一里はブラジル・マフィアの現ボスの落とし胤だったが、本人はそのことを知らず、組織の末端構成員の夫婦に日本で育てられた。 組織構成員B・Jは組織の跡目争いに一里を参加させるべく、育ての両親を誘拐。 同じ頃、カポエイラ(カポエラ)…

#化物語 11巻 評論(ネタバレ注意)

西尾維新の原作を大暮維人がコミカライズして週刊少年マガジンに掲載の鉄板漫画。キャラデザVOFAN準拠。こんなに美麗な絵でコミカライズされると原作冥利に尽きるでしょうね。ちなみに自分は原作とアニメを消化済み。 順番を入れ替えて、羽川の猫のエピソー…

#娘の友達 6巻 評論(ネタバレ注意)

相変わらず表紙詐欺みたいなキュートでコケティッシュな表紙。 1年前に妻に先立たれ、高校生の娘は登校拒否で引きこもりに、会社では昇進を控えるものの係長として四六時中張り詰めて過ごしている市川晃介(アラフォー、後に課長に昇進)。 一時の安らぎを求…

#シャドーハウス 6巻 評論(ネタバレ注意)

「あるところに貴族のまねごとをしている者たちが住んでいました 人々は誰もその者たちの顔を知りません なぜなら顔がないからです そこで『シャドー一族』は彼らの"顔"として 『生き人形』を従えることにしました」 ゴシック・ロリータ・ホラーとでも呼ぶべ…

#トニカクカワイイ 13巻 評論(ネタバレ注意)

理系天才フリーター・ナサくんと、謎多きクール美少女・司(つかさ)さんの、なんか可愛い男の子と女の子の新婚生活ラブコメ。 SFファンタジーな司さんの秘密を匂わすだけ匂わせつつ、触れずに初々しいラブラブ新婚夫婦の日常に的を絞って、余力を感じるとい…

#ヴァンピアーズ 4巻 評論(ネタバレ注意)

14歳の少女・一花は祖母の葬式で出会った同じ年頃の金髪のとても美しい少女・アリアに一目で心を奪われる。アリアは不思議な眼の力で周囲の人間の疑問を霧散させて屋敷に居着き、一花と共に探し物をし、また一花の首筋から血を吸った。アリアはようやく見つ…

#【推しの子】2巻 評論(ネタバレ注意)

地方の病院に務めるアイドルオタな産婦人科医師・ゴローのもとに双子を妊娠したお腹を抱えて訪れた少女は、彼が熱狂するアイドル・アイ(16)だった。驚きショックを受けたゴローだったが、身近に接するアイの人柄に魅了され、彼女の出産を全力でサポートしよ…

#七つ屋志のぶの宝石匣 12巻 評論(ネタバレ注意)

公家〜武家から続く名家の、離散の間際に女当主から質入れのカタに預けられそのまま質流れした幼い少年・顕定、それから20年弱?ぐらい後。 質屋の孫娘の高校生で宝石の「気」が見えるインスピレーション派の天才肌・志のぶ。 成人して宝石店の外商となった…

#BEASTARS 21巻 評論(ネタバレ注意)

「そうだ…いつも目の前にはこいつがいた 俺が草食と肉食の関わりについて ウジウジと…本当にずーっとウジウジと悩んでいる時も いつだって俺の目の前には… この爪の生えたデカい両手が視界に入っていた どんな命でも奪えてしまうようなこの手を持っていなが…

#東京入星管理局 2巻 評論(ネタバレ注意)

銀河の端、連邦の末端である地球には、常に連邦法に違反した宇宙人が入星していて、女子高生のラインとアンは入星管理局の局員として違法入星した宇宙人を日々取り締まっている。 あらすじ見るとJKバトル版「メン・イン・ブラック」、もしくはSF版「逮捕しち…

#とつくにの少女 10巻 評論(ネタバレ注意)

童話のような、寓話のような、絵本のような。外形的には「魔法使いの嫁」に近いけど、まったく別もの。同じレーベルなので毎回発売日がカブる。吉田明彦のデザイン画のように古風で素朴だけど格調のある美しい絵柄。 生贄として人の世を救済する力を持つとさ…

#魔法使いの嫁 14巻 評論(ネタバレ注意)

「問題が次から次へと山積みだ 竜の盗難 魔法使いの姉弟 蛇髪族の子供 禁書は奪われ 生徒は実習で妖精に襲われ 今度はその保護者が上で襲撃される」 家族を喪って自暴自棄から自らを競売に売り、イングランドの異形の魔法使いに弟子兼嫁として落札された女の…

#SPY×FAMILY 5巻 評論(ネタバレ注意)

凄腕スパイ・暗号名「黄昏」に下った新たな指令は、妻と新小学生の子どもを調達して敵国の名門校のPTAに潜入し、平和を脅かす危険な黒幕に近づくこと。 任務のために孤児院で適当に選んで引き取った娘・アーニャは、他人の心が読める超能力者だった。 ひょん…

#バトゥーキ 4〜8巻 評論(ネタバレ注意)

女子中学生・三條一里はブラジル・マフィアの現ボスの落とし胤だったが、本人はそのことを知らず、組織の末端構成員の夫婦に日本で育てられた。 組織構成員B・Jは組織の跡目争いに一里を参加させるべく、育ての両親を誘拐。 同じ頃、カポエイラ(カポエラ)…

#バトゥーキ 3巻 評論(ネタバレ注意)

女子中学生・三條一里はブラジル・マフィアの現ボスの落とし胤だったが、本人はそのことを知らず、組織の末端構成員の夫婦に日本で育てられた。 組織構成員B・Jは組織の跡目争いに一里を参加させるべく、育ての両親を誘拐。 同じ頃、カポエイラ(カポエラ)…

#トニカクカワイイ 12巻 評論(ネタバレ注意)

「ぼ…僕は…君以外の女の子に…興味ないんだよ!!」 「… ふ…ふーん…そうなんだ…じゃあ… なんか…そーゆー感じのやつ囁いて!」 「え? そういう感じのやつ? あ…うん…わかった…じゃあ… あ…愛しているよ…司ちゃん…」 「からの…?」 「からの!? えーと…じゃあ…

#化物語 10巻 評論(ネタバレ注意)

西尾維新の原作を大暮維人がコミカライズして週刊少年マガジンに掲載の鉄板漫画。キャラデザVOFAN準拠。こんなに美麗な絵でコミカライズされると原作冥利に尽きるでしょうね。ちなみに自分は原作とアニメを消化済み。 順番を入れ替えて、羽川の猫のエピソー…

#娘の友達 5巻 評論(ネタバレ注意)

「【警告】 貴社の商品部商品企画課課長の【市川晃介】は【犯罪者】です。 女子高校生とみだらな行為をしている疑いがあります」 1年前に妻に先立たれ、高校生の娘は登校拒否で引きこもりに、会社では昇進を控えるものの係長として四六時中張り詰めて過ごし…

#BEASTARS 20巻 評論(ネタバレ注意)

「この場限りは放送コードの規制を緩めてくださると幸いです 嘘のない会見にするために… 最たる放送禁止用語について触れさせてください 難攻不落の歓楽街…"裏市"で今 何が起きているか」 動物たちが直立歩行し服を着て暮らす社会を舞台にした何かと示唆に富…

#夢で見たあの子のために 6巻 評論(ネタバレ注意)

「僕だけがいない街」作者の現作。過去の凄惨な殺人事件の犯人を追う、ハードボイルドなサスペンス・ミステリー。 幼少期に自宅で何者かに両親を惨殺された男子高校生・中條千里。行方不明となった双子の兄・一登と五感の一部を不完全に共有する特殊能力持ち…

#Thisコミュニケーション 1巻 評論(ネタバレ注意)

「彼女らは供出という形で手放された子供を薬漬けにして作る戦士です …どこかで捨てられたという気持ちがあるのでしょう 皆 功を急いで暴れるばかりなのです 協調よりも周りを出し抜きたい と 自分には価値があるはずだ と…」 「力を誇示するばかりの子供た…

#サマータイムレンダ 11巻 評論(ネタバレ注意)

「好き なん…よ…私…慎ちゃんのことっ…」 「あ!別にその…へっ…変に思わんといてな! ただ…言いたかっただけなん…」 「明日 死ぬかも知らんやろ私ら… この気持ち慎ちゃんに伝えやんまま死ぬん嫌やってん!」 「だから…ただ…伝えたかっただけやから…!!」 黒…

#タイムパラドクスゴーストライター 1巻 評論(ネタバレ注意)

漫画家志望ながら読切掲載の壁を越えられない青年・佐々木は、芽が出ないまま節目の25歳を迎えようとしていた。 編集から立て続けに辛辣なネームのダメ出しを食らって失意のどん底の佐々木の一軒家に落雷。小火を消火した跡に残された電子レンジが鳴り、そこ…

#九龍ジェネリックロマンス 2巻 評論(ネタバレ注意)

小学館漫画賞受賞作の「恋は雨上がりのように」の作者の現作は、香港・九龍城砦を舞台にしたOLの日常恋愛もの。の皮を被ったSFミステリー? 前作のスピリッツから今作はヤンジャンに移籍。 表紙の美女は、スイカを食べながらタバコを吸うのが好きな、九龍の…

#綺麗にしてもらえますか。 5巻 評論(ネタバレ注意)

「もし東京で大変なシミを付けてしまったら… 特別に送料無料にします…ので 私のお店にお…送って下さいね」 あら、かんわいい表紙。 熱海の商店街のはずれで小さいクリーニング屋さんを営むかわいい黒髪ポニテの働くお姉さんの日常もの。熱海が舞台なんで温泉…