AQM

あ、今日読んだ漫画

#幼女戦記 16巻 評論(ネタバレ注意)

「我ら神に代わりて祖国を救う!!
 カエサルのものはカエサルのもとに!!!
 我が戦友諸君!!! 人間による戦争の時間だ!!!
 無責任に神へすがるな!!! 勝ちに行くぞ!!!!」

表紙が楽しげすぎて詐欺みてえだw

サラリーマンがリストラ逆恨みで殺されて成仏の際に神に反抗した罰で、近代欧州っぽい異世界、WW1前のドイツそっくりな帝国の魔導師の素質持ちの女児に転生。

戦勝と栄達と安穏な後方勤務を夢見つつ、少佐の階級、エース・オブ・エース「白銀」「ラインの悪魔」の二つ名、第二〇三遊撃航空魔導大隊大隊長として、戦場の空を支配する主人公ターニャ・デグレチャフ11歳。

ライン戦線を挟んで共和国と対峙する帝国のマッドサイエンティスト謹製の決戦兵器は、WW1相当の時代にも関わらず作っちゃった弾道ミサイルに航空魔導師を搭載し、前線を超超高度で飛び越えて敵陣深い司令部めがけて直接ぶっ放す非常識な人力誘導ミサイルだった。

ミサイル発射シークエンスがメインの見どころの巻。「当たり作画」の真骨頂、ただただ眼福。なんの漫画だコレw

だいぶ気が早いですけど作画の東條チカ先生、この作品が終わったら次はどんな仕事をされるんでしょうね。

 

aqm.hatenablog.jp