AQM

あ、今日読んだ漫画

柊様は自分を探している。 7~8巻【完】

完結。面白いんだけど、どっかでブーストかかってもっと面白くなるんだろう、なかなか面白くならないな、と思ったまま続刊チェックするの忘れてた。

この人の近作の最終回は唐突な終わり方が多くて、打ち切りなのか本懐なのか、よくわからないことが多いんだけど、打ち切り説もあったけど「お茶にごす。」の最終回は最高だったと思う。

終わらせ方を最初に決めて描いてるんだろうなー。これもラスト2話で突然ブーストかかって名作になった。名作だった期間が短すぎたのが惜しい。

(2018/07/28 15:11:02のはてなハイクから転記)