AQM

I oppose and protest Russia's invasion of Ukraine.

#アビスレイジ 1巻 評論(ネタバレ注意)

暗い漫画。

ジャンプコミックスなんで「ホントにジャンプに載ってんのかな?」とハンタ目当てに最近購読再開したジャンプの最新号の目次を見ても載ってなく、WEB連載らしい。

こんなん僕勉あたりと連続で読んだらギャップで頭がおかしくなりそう。

師匠の跡継ぎとして道場で修業する盲目の武術少年・忍、現れた道場破りに師匠を殺され自身も惨敗し許婚だった師匠の娘も拉致され、復讐を誓って自らを鍛えて3年経ったある日、復讐相手の使いの者が迎えに、連れて行かれた先は凶悪犯を多数収容した非合法の孤島の監獄、脱出するには囚人同士の殺し合いを生き延びなければならない状況で、「所長」となった相手への復讐と拉致された恋人の奪還を目指す。

設定が設定なんで、一応、主人公はまだ人を殺してないですけど、極めたら躊躇なく折る系。脇役たちは武器有りでザックザク殺し合ってます。

一見、顔とか描くのあんまり興味なさげに見えるけど、格闘描きたい人は最初から骨格と筋肉意識してて総じて絵が上手いよね。更に上手くなっていきそう。

「目が見えない人間が格闘で勝つには」に漫画的に知恵を絞った、シンプルで暗く熱い復讐格闘もの。これはちょっと今後が楽しみな。