AQM

あ、今日読んだ漫画

#ワールドトリガー 176〜177話 (ジャンプSQ. 2019年4月号) 評論 (ネタバレ注意)

ワートリ掲載中。

 

B級ランク戦第7戦が終了してインターミッション回。

 

通算ポイントは

1位 二宮隊 37p(3/5追記・⇒??ポイント)
2位 影浦隊 36p
3位 玉狛第二 36p
4位 生駒隊 30p(3/5追記・⇒??ポイント)
5位 東隊 29p
6位 王子隊 28p(3/5追記・⇒??ポイント)

 

前回まではこちらから。

aqm.hatenablog.jp

「第176話 根付栄蔵」「第177話 三雲修⑰」。
扉絵なし、本編21+17ページ、解説・特集記事2ページ。

以下、ネタバレ情報を含んで論評しますの閲覧ご注意。

 

 

 

 

 

 

 

 

(扉絵)

なし

 

(第176話 本編)

出番が終わり、ひとまず解散する玉狛第二。モヤモヤがなんだったのか話してるところにOPの宇佐美に電話。C級隊員の間で「ヒュースは近界民」との噂が回っている。修の嫌な予感はこれだった。修は林藤支部長経由でメディア対策室長の根付にアポを取り、オフィスを訪れる。すでに根付と東が対策を話し合っていた。東の名前でより信憑性が高く穏当な噂を流し、噂を上書きするという。対策を資料にまとめる根付を待つ間、東は千佳を心配していることを修に告げる。

 

(第177話 本編)

東の心配は意図せず人を撃ってしまった形になった千佳のメンタルだった。大丈夫そうでも気をつけてやってくれ。遠征隊入りにリーチの玉狛第二に感慨深げな東。戻ってきた根付、特定の部隊に肩入れしてほしくないと苦言。根付から資料を受け取った修は礼をして支部に戻り、情報共有。同時に次の対戦相手が決まる。1位・二宮隊、4位・生駒隊、7位・弓場隊。翌日、根付と東の噂上書き作戦は功を奏しているようだ?小南、宇佐美、修、千佳で食事に出かけると焼肉屋には二宮隊の面々。

煽りコピー、

 「B級1位・二宮隊 in 焼肉店!!」(ジャンプSQ. 2019年04月号より)

 

(所感)

 

(の前に3/5追記・訂正)

以下、順位表のポイント書いたんですけど、よく考えたら二宮隊、生駒隊、王子隊のポイントは第7ラウンド前のもので、彼らも別の試合、たぶん描写がなかった「夜の部」で第7ラウンドの試合やってるはずなんで、順位は変わらずとももっとポイント稼いでるはずだねコレ。「第7ラウンド出場ナシ」とかないと思うし、上位チームなんで0ポイントで試合終えるのも考えづらいし。今回の第8ラウンドの対戦相手決定の際に宇佐美が「1位の二宮隊 4位の生駒隊」と明言してるので上位の順位には変動なかったみたいだけど。もしくは「昼の部」で2試合同時開催とかしてたらまた別だけど。失礼しました。

(3/5追記終わり)

 

通算ポイントは

1位 二宮隊 37p(3/5追記・⇒??ポイント)
2位 影浦隊 36p
3位 玉狛第二 36p
4位 生駒隊 30p(3/5追記・⇒??ポイント)
5位 東隊 29p
6位 王子隊 28p(3/5追記・⇒??ポイント)

煽りコピーおかしいでしょw 「in 焼肉店!!」てw

嫌な予感は「ヒュースネイバー疑惑炎上」の予感でした。うん、確かにありそうだし、大事だし、モヤモヤするし、実際起こったんだけど。
修の心配のレベルがなんつーかこう、炎上の心配してるブロガーみたいでちょっとおっかしくてしょうがないw

オペレーターの宇佐美の出番が多かった回ですけど、メガネのレンズで瞳が見えないことがあるのはいいとして、彼女、瞳のハイライトがないので人外メンタルしてそうに見えてちょっと怖ぇなw 噂を聞いて動揺した瞬間だけハイライトが出てちょっとホッとしました。

菊地原が5ch住民並みに口が悪いんですけど修なんで友達でいるのwww

メディア対策室室長・根付栄蔵(ねつきえいぞう)。なによその名前ふざけてるの。仕事できる感。あと相変わらず頭脳労働まわりは便利というかなんでもできる東さん。
千佳の心配のついでに鳩原の話が出ましたけど、次戦のフラグ?千佳が同じ鳩原コースをたどっても意味がないので、二宮隊相手に千佳が人が撃てるようになるフラグかな。二宮が千佳に「お前は鳩原のようになるな、俺を撃て!」って…絶対言わねえなw

はるか昔のことのようで、作中では記者会見から1ヶ月しか経ってない。

修の人物評をする根付と東。いろいろバランス型のように(器用貧乏にも)見える修ですけど、東さんにそう言われてみると、結構アンバランスなんですね。全体的にこの漫画、登場人物も読者も俺も「東さんがそう言うならそうなんだろう」みたいになってきてますよねw 根付てめぇなに東さんにタメ口きいてんだコラァ。

前回の記事で「二宮vs生駒の、同じ漫画の登場人物とは思えない対決もちょっと見てみたい」と書いたけど、実現してしまいました。どっちもカッコつけだけど、カッコのつけ方が180度違う2人。
生駒大好きなんですけど、二宮と同じ舞台に立たせて漫画として大丈夫なんですかwww

で、次戦の組み合わせなんですけど、予め初戦から最終戦までの対戦カードがスケジューリングされてるわけではなくて、CLの組み合わせ抽選や大相撲の本場所みたいに進行しながら随時決めていってる方式のようですが、最終戦、

1位 37p 二宮隊(3/5追記・⇒??ポイント)
3位 36p 玉狛第二
4位 30p 生駒隊(3/5追記・⇒??ポイント)
7位 ??p 弓場隊

で上位陣の星の潰し合いなんですけど、基本的に「ポイントの多い上位が強い」と考えると、裏番組の

2位 36p 影浦隊

が5位以下の対戦相手としか当たらないの、ちょっと不公平じゃない?という気もします。主人公チームは既に影浦隊と2回も対戦してるので、しょうがないんだけど。つってもたぶん東隊と王子隊とは当たるので影浦無双で10p!とかはさすがにないか。

展開的にも力関係的にも主人公補正的にも生駒隊が6pとる間、玉狛第二が1pもとれない、って展開はちょっと考えにくいので、3位以内はほぼ確定だとは思うんですけど。

あとは初対戦で手の内が見えてない弓場隊、「7位に上がってきた」とのことでダークホースになるのか、草刈り場になるのか。

あかん、最後の「二宮隊 in 焼肉店!!」何回見ても噴く。

たぶん「リーダーなのに三雲が空気」「ヒュースが近界民」「千佳が人撃てない」あたりを口撃されて課題お持ち帰りで対戦の伏線になる感じでしょうか。マズい焼肉になりそうだな。「肉と野菜のバランスにうるさい二宮」とかだったら面白いんですけど。