AQM

あ、今日読んだ漫画

#モブ子の恋 5巻 評論(ネタバレ注意)

そんなん言うても可愛い子とクールメガネのイケメンですやん、と表紙見て思ってたんですけど、読んだら思ってた以上に地味だわ〜w

「こういう漫画です!」って売りの部分を「ヒロインがモブ子(脇役っぽい女の子)」に託した形。新規性というよりは200万乙女のバイブル的な80年代の少女漫画への回帰を思わせる、尖った設定にもエキセントリックなキャラにも頼らない、奥手で引っ込み思案な大学生の女の子と男の子の奥ゆかしい恋愛もの。

付き合いたての夏休み、お盆の帰省とか花火大会とかタイムリーだわーと思って読んだけど、よく考えたら俺が読んだのが今日なだけでこの巻の発売日6/20だから全然関係ねえわ。

バイト仲間につきあいバレ、初デートのようなもの、表紙の通り2人で浴衣で花火大会。ただでさえ敬語で話す奥ゆかしい2人が浴衣なんか着ると、こう、明治とか大正時代の人たちの漫画読んでるみたいですわね。あら、手をお繋ぎになられましたわよ。きゃー、抱擁よ、抱擁していますわ!キッスは!?キッスはなさいませんの!?

もどかしい漫画ですけど、1巻以来もどかしさを感じる器官を耳かきの反対側のポワポワでくすぐるような漫画なので、これはこれで。

 

モブ子の恋 5巻

モブ子の恋 5巻

 

aqm.hatenablog.jp