AQM

あ、今日読んだ漫画

#TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには 1巻 評論(ネタバレ注意)

全日本大学空手道選手権を制した空手家・星崎愛之助はライバル不在の優勝に不完全燃焼だった。

出場しなかったライバル・夢丘を訪ねた愛之助は、ある男に喫した敗北をきっかけに夢丘が空手を引退したことを知る。

愛之助はその男に会うために、立川のコンビニを訪れる…

4月発売の漫画がなぜか先日アキバBlogで紹介されてて「なんだろう」と思ったら、電子書籍のみ→紙書籍出版に出世したみたい。

バカが考えたみたいなタイトルですが、内容もバカが考えたみたいな格闘漫画。ギャグ漫画スレスレというか、いわゆる「シリアスな笑い」系。

脇役たちが努力しようが試行錯誤しようが作戦を練ろうが強があっさり勝つ、というワンパターンの繰り返し、正直誰でも描けるワンイシューの話をディティールとギャグとキャラの魅力で読ませようという最近っぽい漫画。バイト仲間のチンさん可愛い。

格闘漫画の絵の上手い下手って独特で評価が難しいですが、今のところ見やすく破綻のない絵。

Amazonの

面白いですが続きが気にならなかったです。続きは買うことないです。

というレビューが端的に言い得て妙でクソワロタ。

電子書籍で3巻まで出てるので、自分はもう少し読んでみよっと。

 

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

TSUYOSHI 誰も勝てない、アイツには(1) (サイコミ×裏少年サンデーコミックス)

  • 作者:丸山恭右
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2019/04/26
  • メディア: Kindle版

 

(選書参考)

blog.livedoor.jp