AQM

あ、今日読んだ漫画

#さよなら私のクラマー 11巻 評論(ネタバレ注意)

「早く戻りたい 私は一秒一秒成長している
 ピッチに戻ってボールを触りたい こんなこと初めてですわ

 フットボールが楽しくて楽しくて仕方ない」

「ベッケンバウアーにできて私にできないってことはありませんわ」

高校の弱小女子サッカー部に集った才能たち、という定番ストーリー。

インターハイの裏番組、JKFBインターリーグ決勝、相手は5日間で4戦こなして3日前にインターハイ王者に輝いた興蓮館、のBチーム。のはずが出たがりの主力組が急遽参戦。

王者・興蓮館を相手に、後半残り20分で2-5のビハインド。

興蓮館の強さは戦術と規律とハードワークの浸透で、根底にあるのは「努力に勝る天才なし」を地でいくもので、スラムダンクの海南でも「うちには天才はいない、だがうちが最強だ」と描写されたものですが、今巻前半の全国優勝チームの得点王の「私は凡人だ」の強調は冗長になるギリギリな感じ。マヤは40巻に渡ってこれやって亜弓さんにぶん殴られた。

サッカー漫画としては文句なしに面白く、相変わらずプレイの一瞬一瞬を切り取るスピード感あふれる描写は圧巻。アニメで、というか動かしたところ見たいね。

片や一人退場、片や連戦明け。決着はいかに。

 

さよなら私のクラマー(11) (月刊少年マガジンコミックス)

さよなら私のクラマー(11) (月刊少年マガジンコミックス)

  • 作者:新川直司
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2020/02/17
  • メディア: Kindle版

 

aqm.hatenablog.jp